ホームシアターCHANNEL 連携企画「生形三郎のSPEAKER JOURNEY」

ソナス・ファベール「Chameleon B」を聴く。「程よく熟した果実のようなスピーカー」

生形三郎
2019年06月05日
至高のサウンドを探すべく、オーディオ評論家の生形三郎氏が魅力あふれるスピーカーシステムを紹介する、ホームシアターCHANNELの連載「生形三郎のSPEAKER JOURNEY」。今回のお題はSONUS FABER(ソナス・ファベール)「Chameleon B」をとりあげます。

SONUS FABER「Chameleon B」

■西洋音楽の礎を築いたイタリアのブランド

イタリアといえば、料理やファッション、西洋美術は勿論のこと、階名(ドレミ)や楽語(PianoやAllegroなど)がイタリア語であることからも分かるように、西洋音楽の歴史においても、その礎を築いたことで名高い国です。当然オーディオ分野においても、独自の美意識に基づいた魅力的な製品を世に送り出しています。今回はそんなイタリアを代表するスピーカーブランド、ソナス・ファベール「カメレオンシリーズ」への旅へとご案内しましょう。

カメレオンシリーズは、ブックシェルフスピーカーの「カメレオン B」のほか、トールボーイスピーカーの「カメレオン T」、センタースピーカーの「カメレオン C」をラインアップします

■意匠に作り手の美意識を体現

同社のスピーカーは、弦楽器を特に美しく響かせることでよく知られ、実際スピーカーの製品名にも、バイオリン作りの名匠の名前などが冠されています。筆者は以前とある弦楽器専門店でアマティやストラディヴァリウス、グァルネリなどのイタリア系の名作から、ヴィヨームなどフランスものまで、目の前で一度にバイオリンを聴き比べさせて頂いたことがあります。それら全てが異なる響きを持つのは当然のことですが、同時に、意匠の細部にも、作り手本人の美意識が体現されていることが印象的でした。

ボディのアーチ(表裏板の膨らみ部分)の曲線や、スクロール(ネック先端の渦巻き部分)の造作などに作り手の明確な個性があり、そこに自身のアイデンティティがしっかりと刻印されているのです。グァルネリは、そこで聴いたストラド系列の楽器とは対照的に、やや無骨で陰りを湛えるサウンド(勿論、楽器によりますが)を体現するかのように、その風体もどこかミステリアスな色味を秘めた容姿だったことが記憶に焼き付いています。そして、ソナス・ファベールのスピーカーを前にするときも、その時の記憶がふっと甦ります。つまり、作り手の美意識が、強くこちらに浸透してくるのです。

ラテン語で「音の工房」が由来のソナス・ファベールは、フランコ・セルブリン氏により1980年にイタリアのヴィチェンツァにて創業。自家ワイナリーに囲まれた静かな環境、そして精緻な木工技術から数多のオーディオ製品の傑作が誕生しています

同社は、今回ご紹介するエントリークラスのカメレオンシリーズでさえ、北イタリアの本社工房で、全て手作業での仕上げを行なっているといいます。丁寧に仕上げられた革張りや、流麗ながらもどこかで親しみやすさを持ったフォルムなど、まさに設計者の思考が表に出てきているかのよう。それらが個性あるサウンドと融合することで、ユーザーの心を強く魅了し続けているのではないでしょうか。

■スタイリッシュで愛らしいデザイン

カメレオンBは、まずそのスタイリッシュながらも愛らしいデザインが印象的ですが、側面から見ると台形をしたそのフォルムは、筐体内の定在波対策にも大きく寄与している事は間違いなさそうです。また、側板が着せ替え可能な点は実にカジュアル。

さらに、スピーカーユニットにもカスタム品が搭載され、エントリーモデルとはいえ手抜かりがありません。低域を増強するバスレフポートは、メッシュカバーを纏って本体下面に設置され、同機の密度の高いサウンドを決定づけています。

■アコースティック音源にぴったり!

本機が奏でる音を初めて聴いたとき、まるで程よく熟した果実のように、コンパクトな中に、上質な甘みがギュッと詰め込まれたスピーカーだと感じました。音色的には、適切なピラミッドバランスが実現され、肉付きのよいプロポーションが魅力的。ともすればピーキーになりがちな中高域の表現に落ち着きがあり、雑味がなく出音が硬くなりません。バスレフポートから放射される低域は、ウーファーの響きと相まって適度に低い重心を築き、ゆったりと心地よい鳴りを形作。それでいて音色バランスが適切なので、どのようなソースも自然な音で楽しませてくれます。

>> 記事の続きは「ホームシアターCHANNEL」で!


さらに詳しいレビューや音質傾向表も掲載中! 記事の続きはぜひ「ホームシアターCHANNEL」で!

関連記事