【連載】ガジェットTIPS

知らず知らず引き落とされるiPhoneのアプリ代金に注意!

海上忍
2019年05月06日
iPhoneアプリにおける課金といえば、ダウンロード時の支払いか、アプリ上の追加機能/サービスが必要になったときに支払う「アプリ内課金(In-App Purchase)」が一般的ですが、支払いを行うと一定期間機能/サービスを利用できる「定期購読(自動継続課金)」もあります。

この「定期購読」、動画や音楽のストリーミングアプリのように納得して利用しているものはともかく、お試し気分で使い始めたアプリ、遊ばなくなったゲームアプリにも適用されることがあります。一度契約すると、解約手続きを実行しないかぎり一定期間ごとに契約が自動更新されるため、クレジットカードから料金が引き落とされ続けることになります。

知らず知らずiPhoneのアプリ代金が引き落とされているかも?

サービスが定期購読であることを明示しているアプリはともかく、そうではないアプリもあるから厄介です。App Storeの承認手続きに顔認証(Face ID)や指紋認証(Touch ID)を利用している場合は、無意識のうちにほぼ一瞬で定期購読が開始されてしまう可能性もありますから、他人事ではありません。

現在、自分のiPhoneで定期購読中のアプリがあるかどうかは、「設定」アプリ→画面上部の自分のApple ID→「iTunesとApp Store」→画面上部のApple ID→「Apple IDを表示」→「登録」の順に操作すればわかります。しばらく利用していないアプリ、定期購読を開始した覚えのないアプリが表示されている場合には、解約手続きを行いましょう。

関連記事