一条真人の体当たり実験室

“タフすぎるスマホ” CAT S41は、人間が生身でぶっ壊せるのか? あのITジャーナリストが戦いを挑んだ

一条真人とファイルウェブ編集部
2018年04月12日
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンから登場したCATブランドのスマートフォン「S41」(関連ニュース)は、めちゃめちゃタフなスマホらしい。

なんと、高い耐衝撃性能を示す米国国防省規格“MIL-STD-810G”に準拠し、高さ1.8mからのコンクリートへの落下試験をクリアしている。さらにGorilla Glass 5を採用し、熱衝撃や塩水の飛沫にも対応可能。これらの特徴から「最強のガテン系スマホ」を謳っている。

CATの“最強のガテン系スマホ”「S41」

そんなに強いというのなら、その強さ、ぜひ確かめてみたい。とはいえ、自分でやるのもめんどくさいし痛そうなので、「挑戦してみませんか」とFacebookメッセンジャーを送ったら、「いいっすね」とすぐさま返事が来た。こんな軽いノリで返事をしてくるのはこの人、ITジャーナリストの一条真人氏(公式LINEスタンプ絶賛販売中)しかいない。

一条真人氏のLINEスタンプのサンプル。みなさん買ってください

そして取材当日。こちらの腹づもりとしては、一条氏と近所にでかけ、CAT S41を高いところから落としたりするつもりでいた。というか、召還したのはいいものの、何をやってもらうかあまり深く考えていなかった。

ところが、である。音元出版に来た一条氏は、おもむろにコート、シャツ、そしてズボンまで脱ぎ始めた。しかも無言で。…なにやってんだこの人。

おもむろに着替え始める一条氏。このあとパンツまで脱ごうとした。見たくないのに…

そしてあっという間に、空手の道着のようなものを身につけた。一条氏は「この日の戦いのために用意しました」とニヤリ。ちなみにオビは白帯だ。Amazonなどで適当に買ったと思われ、サイズも合ってない。

道着に着替え、某マンガの主人公のように気を溜める一条氏。腰が入っていない


「おめぇがオラの敵か!!ワクワクすっぞ!」


「かめは○波って、右手が上でしたっけ?」

「まずは敵をじっくり観察したいと思います」。彼を知り己を知れば百戦危うからず、の教えの通り、CAT S41を様々な角度からチェックする一条氏。すぐにその頑丈さを実感したようで、「たしかにこのスマホ、強そうですね……」と表情が曇る。

「これはマジ硬いしゴツいっすね…」

さて、心配そうな一条氏はともかく、編集部は忙しいのだ。とっとと取材を終わらせたい。いよいよ対決スタートだ。

「やっぱ、まずは打撃攻撃ですよね?」と編集部・風間。瓦割りのように、手刀でCAT S41を叩き壊してもらおうと考えた。そこらへんにあった木を適当に組み上げ、即席のCAT S41瓦割りセットが組み立てられた。

即席のCATスマホ手刀台

木と木のあいだに、黒々と厚くて硬そうな物体が置かれている姿を見て、「ちょっと待ってください。これを本気で叩くの? 骨とか折れるかもだよね? 俺フリーだし、キーボード叩けなくなったら仕事できないんだけど」と日和る一条氏。だったら、なんのために道着まで用意したのか…。

グダグダ文句を言い始める一条氏

「一条さんなら大丈夫です、思いっきり叩いて下さい! 案外、一発でCATをノックアウトできるかもしれないですよ! そしたらヒーローです。『一条さんみたいなITジャーナリストになりたい』という子供が増えます!」

……我ながらいい加減なことを言ってるなと思うが、一条氏はこの言葉に妙に反応。「俺みたいになりたい? アキバの出版社でスマホと戦ってる、この俺みたいに? そんな子いるわけないじゃん!」と否定しつつも、まんざらでもなさそうだ。

そして、「わかりました。適当にやると逆に痛そうなので、本気で行きます!」と一条氏も腹をくくった様子だ。いざ勝負!!

せーーーーの!






(ガッ)



「………ゥゥうっ…」


(…クっ………かっ……)

いってええええええええ!!!

派手にのたうち回る一条氏。一応「大丈夫ですか」と声をかけながら、いい画が撮れそうだとシャッターを押しまくる。

しばらくして少し回復した一条氏に、痛がってる写真を見せると「我ながら、なかなか良い感じのリアクションですね。撮れ高足りました?」とうっすら笑みを浮かべながら、編集側への気遣いを見せる一条氏。ITジャーナリストとしてではなく、どちらかというと芸人寄りのプロ魂が感じられる。まだまだ行けそうだ。



さて、続いてはパンチだ。ここからは編集部・小野に協力を仰いだ。「パンチって、さっきの手刀とあんまり変わんないじゃないですか…」とまたも文句をつけてきた一条氏を、風間が宥める。

「一条さん、今回のパンチは連打がポイントです。さっきの手刀で、一撃ではCATを仕留められないことがわかりましたよね? 次はジャブを何発も繰り出すことで、相手にダメージを蓄積させる。そしてノックアウトです」。

口から出まかせだが、一条氏もなんとか納得した様子。「じゃあ行きますよ! 吹っ飛ばされないように注意してください!」一条氏が連続パンチを繰り出す。腰が全く入っておらず、猫パンチのようになっているが、本人は大マジメなのだ。

編集部・小野がCATスマホを構える


繰り出される猫パンチ


(がッ)

そして何発かCAT S41へパンチを当てた一条氏は、当然ながら、徐々にダメージを蓄積していった様子。最後には手を押さえながら崩れ落ちた。

「っ…………」。無言なのが逆に怖い。Tシャツには「Influencer」の文字


「………これ、マジでジワジワきますよ……」

さっきのように派手にのたうち回ってるのなら、こっちも笑いながらシャッターが切れるが、今回の痛がり方はあまり洒落になっていないかもしれない。だが、心を鬼にして捉えた苦悶の表情を見せると、「なかなかリアリティのある表情が撮れてますね」と気に入った様子。たぶん、まだ大丈夫だろう。



最終対決はキックだ。はじめは、CAT S41をヒモで縛ってぶら下げ、吉川晃司ばりのハイキックを蹴ってもらおうと考えていた。だが案の定というべきか、テストしてみたら、一条氏はハイキックが蹴れない(脚が上がらない)ことが判明。仕方ないのでミドルキックでいくことにした。

「手よりも足の方が、当然パワーはありますからね! 本気で行きますよ」。もう一条氏の心に迷いはない。澄明な心持ちがパワーを与えたのか、素晴らしいミドルキックを一発で決めてくれた。

ミドルキックでCATスマホをたたき壊す!


なかなか良いフォームで




(ぐきっ)



「……っ…グぁっ………っ!!」


(……っつっ!! ………ぎっ…)


「……痛ってええええよ!何コレ!何やらせてんだよ!!

やめとけばいいのに本気で蹴るもんだから、当たった直後にもんどり打って倒れ込み、そこから無言で3回転くらいし、またグルグル回って元の場所に戻ってきた。今日一番の痛がりようだ。少し気の毒だが、リアクションが大きく、撮れ高が行ったのは良かった。

さて、一通りの攻撃を終えたわけだが、CATスマホへは一切ダメージを与えられていない。「一条さん、CATスマホはどうでしたか?」敗者に聞くのも酷かと思いながら、あえて尋ねてみた。

「いやーーー、マジでCATスマホ、強いっすね。この俺をもってしても勝てないとは思いませんでした」 と、何目線かよくわからないコメントを吐く一条氏。

いくら一条氏の攻撃を受けても、傷一つ付いていないCATスマホ。しげしげと眺めていた一条氏だったが、ここで何かに気づいた様子だ。

「風間さん…。いまさらですが、CATスマホの弱点見つけちゃいました」。

一条氏が指さすところを見ると、端子カバーが外されている。


「ここに思いっきり水をぶっかければ、一発で壊れます。俺の勝ちですね…」と悪い顔でほくそえむ一条氏。これには編集部・風間も色をなした。

「何を言ってるんですか一条さん! そんなズルして勝って、何が楽しいんですか?!」

「はっきり言います。さっきスマホと真剣に戦ってた一条さんは、最高にカッコ良かったです。それなのにそんなズルしたら、一条さんみたいなITジャーナリストになりたいって子、いなくなっちゃいますよ?」

その言葉を聞き、一条氏の目の色が変わった。

「俺みたいなITジャーナリストになりたい……。そんな子、本当にいますか?」

「います。ユーチューバーよりITジャーナリストの方がカッコいいな、ボクもスマホと戦ってみたい。この記事読んで一条さんの戦いぶりをみたら、そんな夢を抱く子供で溢れますよ!」

その言葉を聞いた一条氏、「もっと精進します」と告げ、道着のまま夜のアキバへ出ていった。修行にでも出たのだろうか。

…いつか一条氏が己との戦いに勝つことができたら、「スーパー一条ゴッド3」とかそんな感じの何かに進化し、いつかCATスマホに打ち勝つ日も来るのかもしれない。

「南無ー」と合掌して去って行く一条氏

関連リンク

関連記事