他端末へのバッテリー供給も可能

CAT、高い耐衝撃や防水防塵性能を備える“最強のガテン系スマホ”「S41」

編集部:小野佳希
2018年03月14日
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、米国国防省のミルスペックを満たす耐衝撃性能をはじめとするタフネス性能に加え、他端末へのバッテリー供給機能も備えるCATブランドのスマートフォン「S41」を3月中旬に発売する。オープン価格だが65,000円前後での実売が予想される。


高い耐衝撃性能を示す米国国防省規格“MIL-STD-810G”に準拠し、高さ1.8m からのコンクリートへの落下試験をクリア。また、水深2mに60分間浸しても起動可能であることや粉塵の侵入を完全に防護するなど、高い防水・防塵性能を示す国際的な防水・防塵規格“IP68”にも準拠している。

S41

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載。これに加え、他の端末へ付属のOTGケーブルを介して電源を供給できる「バッテリーシェア機能」も搭載している。

背面や側面の様子

また、Gorilla Glass 5を採用し、熱衝撃や塩水の飛沫にも対応可能。これら数々の高いタフネス性能を持つことから、同社では本機を「最強のガテン系スマホだ」とアピールしている。

そのほか、手袋のままでの使用に対応する「Glove-On Workingモード」や、濡れた指での使用に対応する「Wet-Finger Tracking モード」も備え、これらによってさまざまな使用環境での使用に考慮。特定のアプリや動作を一発で起動できるように操作割り当て可能な「Programmable Key」も装備している。

ディスプレイはフルHDの5インチで、OSはAndroid 7.0、APUはMTK 6757 OctaCore 2.3GHzを搭載。内蔵ストレージ容量は32GBで、microSDカードスロットも装備している。なおSIMカードスロットはnano SIMスロットを2基備え、どちらもmicroSDカードスロットとは独立して使用できる。

対応バンドはLTE Band 1/3/8/9/19/28/41、HSDPA/WCDMA Band 1/8/9/19、GSM/GPRS/EDGE Quad-Band 850/900/1800/1900 MHz。KDDIの移動体通信網を利用したサービスには対応していない。

カメラ画素数はメインカメラが13メガピクセルで、サブカメラが8メガピクセル。Bluetooth機能ではNFCにも対応している。

関連リンク

関連記事