HOME > レビュー > 音楽好きにはネットワークスピーカー「DENON HOME」がお薦め! 使いこなし術3選をご紹介

PR音楽ストリーミングを高音質で再生

音楽好きにはネットワークスピーカー「DENON HOME」がお薦め! 使いこなし術3選をご紹介

2022/11/22 鴻池 賢三
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
皆さんは音楽を家で再生するときに何を使っていますか? いまやAmazon Musicなどストリーミングサービスを使って楽しむ人も増えています。そんなストリーミング再生に最適なスピーカーがネットワークスピーカーです。

ここではデノンから発売している“DENON HOMEシリーズ”を例にとって、お薦めの使い方をオーディオ・ビジュアル評論家の鴻池賢三氏がご紹介します。


左からDENON HOME 150、DENON HOME 350、DENON HOME 250

お薦めは部屋の広さに合わせて選べる「DENON HOME」

スマホやサブスクリプション方式による音楽ストリーミングサービスの登場などにより、音楽の聴き方、ひいては生活と音楽の関係にも大きな変化が起こっている。かつては、「オーディオ機器の前に陣取ってCDを聴く」という少し畏まったスタイルが定番だったが、今ではワイヤレススピーカーを利用することで、設置場所や聴く場所を選ばずより自由に。オーディオ機器が生活に寄り沿う方向にも進化したということだ。

ワイヤレススピーカーの中には、Bluetooth対応とWi-Fi対応の2種類があるのをご存じだろうか? 両者は似て非なるもの。Bluetoothスピーカーは主にスマホと1対1で組み合わせる、いわばスマホの拡声器のような存在。わかりやすいのが特徴だが、スマホがないと音が出ないし、通話も大きな音にしてしまうという弱点も。

一方のWi-Fiスピーカーは、各家庭の無線LANアクセスポイントに繋がり、独立したオーディオ機器といえるもの。複数のスマホやPCなどから操作が可能で、スピーカー単体でインターネット上の配信サービスに直接接続して音楽を再生できるので、音質面でも有利。

こうしたWi-Fiスピーカーの特性を生かし、使い勝手と高音質を両立して注目を集めているのが「DENON HOMEシリーズ」である。ラインナップが豊富で、ユーザーそれぞれのライフスタイルにきめ細やかにフィット。Wi-Fiスピーカーの代名詞と言っても良いだろう。今回は、そんなDENON HOMEのある、先進的な音楽に満ちた暮らしを想像してみよう。


Case 1:DENON HOME 350


家族が集まるリビングだからBGMで心地よさを演出しよう


誰でも使える簡単アプリ操作。ジャンルを選ばない音

ネットワークスピーカーの使用場所として最も多いのが、家族が集まるLDKだろう。そんな場所にはシリーズ長兄の「DENON HOME 350」がお薦めだ。そもそもDENON HOMEシリーズとは、HEOS(ヒオス)と名付けたネットワークシステムが搭載されたスピーカー群のこと。大きな特長はSpotifyのほか、Amazon Musicまで対応しており、ハイレゾストリーミングを再生できることだ。スマホとペアリングするものではないので、家族の誰もが自在に使える点が、まずお薦めする理由だ。

DENON HOME 350:¥OPEN(実勢価格:税込77,000円前後/1台)

また、本機はオールインワンタイプながらボディサイズに余裕があり、ゆとりとパンチ力を兼ね備えた良質な低音再生が魅力なスピーカーだ。繊細で耳触りのよい中高域もHi-Fiライクで、ステレオ構成による広がり感も格別。そうした音質が優れているところも、LDKでの利用にお薦めする理由だ。

すなわちそれはジャンルを問わず様々な音楽を気持ちよく再生してくれるからで、本機ならBTSのようなパワフルなリズムが印象的な楽曲もよく似合うし、超低域から高域までを広くカバーした素直な音色なので、クラシックやジャズといったアコースティック系のサウンドも表情豊かに再生する。小音量にしても音のバランスがよいので、一日中BGMを流す用途にもお薦めだ。

ここがポイント
広い部屋で使うなら大きめのサイズがいい

同じ音楽でもシャカシャカ聴こえるのとズンズン低音まで聴こえるのとでは感じ方は全く別物だ。キモとなるのは低音再生で、これはユニットや筐体が大きい方が設計上有利に働く。広い部屋で使うなら、設置が許す範囲で大きめのサイズを選ぼう。

多くのネットワークスピーカーは、サイズの問題からアンプを使わないパッシブラジエーターを採用する例も多いが、DENON HOME 350は低域再生用に大型ウーファーを搭載。そのためズシンと重い重低音が再生できる



次ページ続いてDENON HOME 250 & 150の使いこなし術を紹介!

1 2 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE