HOME > レビュー > ビクター“ウッド”完全ワイヤレス「HA-FW1000T」は使い勝手や装着感も魅力! 実機ハンドリングレポート

【PR】編集部記者が試す

ビクター“ウッド”完全ワイヤレス「HA-FW1000T」は使い勝手や装着感も魅力! 実機ハンドリングレポート

2021/11/08 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
JVCケンウッドがビクターブランドから発売した完全ワイレスイヤホン「HA-FW1000T」。同社が長年培った木の振動板による音質の良さが話題だが、実は、装着感や使い勝手もかなりこだわって開発されている。編集部記者が、それらの点を中心に実機をハンドリングしてみての印象をレポートしたい。


■初の“木の振動板”採用完全ワイヤレスは総合力の高さも魅力

「HA-FW1000T」は、木の振動板を採用した“WOODシリーズ”として初めての完全ワイヤレスイヤホン。同社によれば、木は音の伝搬速度が速く、振動の減衰特性に優れ、振動板として理想的な素材だとのこと。そこで、木を加工したウッドドームをカーボンコーティングしたPET振動板に組み合わせることで、伝搬速度と減衰特性を向上。ウッドドームカーボンドライバーには大口径11mmのウッドドームカーボン振動板に加えて、ステンレスドライバーケースなどの有線ハイクラスイヤホンと同じグレードの素材と技術を投入している。

HA-FW1000T

当ファイルウェブでは、これまでにも評論家によるレビュー記事や開発者インタビュー記事で多角的にその魅力に迫ってきた。その音質は、高橋敦氏と岩井喬氏という2名の評論家がそれぞれ高い評価を与えていることからも実力の高さがわかる。まだ記事をチェックしていない方は、本記事とあわせてぜひそれらの記事も確認してみてほしい。

一方で、おにぎりのような三角形のボディ形状による装着感だったり、なんと100ステップでのボリューム調整が可能であったりなど、使い勝手面にもかなりこだわっているモデルなのもHA-FW1000Tの特長だ。また、耳への装着状態を常にモニタリングすることで、装着がずれても自動でノイズキャンセリングレベルを補正してくれるアダプティブノイズキャンセル機能も備えている。音質以外の面にも配慮が行き届いた、総合力の高さも魅力というわけだ。

■様々な機能をタッチ操作にどう割り当てている?

興味深いのが、再生/停止を始めとする楽曲操作や各種機能のオン/オフなどをすべて本体のタッチボタンだけで行えるということ。スマートフォンに専用アプリをインストールしたりする必要はないので、スマホ以外の音楽プレーヤーやパソコンとの組み合わせでもすべての機能をフル活用できる。

次ページ「マスクモード」など音楽再生以外の機能も多彩

1 2 3 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE