HOME > ニュース > ビクター、ブランド初の完全ワイヤレス「HA-FX100T」。プロが監修の“Tuned by VICTOR STUDIO”

小型筐体にスタジオモニターヘッドホン風デザインも

ビクター、ブランド初の完全ワイヤレス「HA-FX100T」。プロが監修の“Tuned by VICTOR STUDIO”

2020/11/13 ファイルウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
JVCケンウッドは、ビクターブランドとして初の、そしてプロのスタジオエンジニアが監修した “Tuned by VICTOR STUDIO” を冠する完全ワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」を11月中旬に発売する。価格はオープンだが、税抜15,000円前後での実売が予想される。

「HA-FX100T」

ビクターブランド初の完全ワイヤレスイヤホンであると同時に、多数のアーティストの作品づくりに携わっている音楽スタジオであるビクタースタジオのエンジニアが音質を監修したことの証である “Tuned by VICTOR STUDIO” を冠するモデル。JVCの音響設計技術にスタジオエンジニアの音に対する知見を注入することにより、「プロが認めた良い音」を実現したとアピールしている。

Bluetooth 5.1に対応し、SBC/AAC/aptXコーデックをサポート。Qualcomm TrueWireless Stereo Plusによる左右独立伝送に対応するほか、Power Class 1や高性能LDSアンテナの採用によって安定したワイヤレス接続ができるようにも配慮している。

筐体を小型にすることで快適な装着感を狙う一方で、音質を高めるために筐体構造に独自の音響設計技術を投入。ドライバーユニットの背面に音響のための空間を設けることで、小型でありながらワイドレンジの音を実現したという。

イヤホン単体で最大8時間再生でき、充電ケースとの併用で最大28時間使用可能。10分の充電で約1時間の再生が可能なクイック充電にも対応している。

IPX4相当の防水性能も備えるほか、外音取り込み機能も装備。タッチセンサーを内蔵し、ワンタッチで音量を下げるとともにマイクで外音を取り込み、会話をしやすくするタッチ&トーク機能を備えている。

また、同社独自の高音質イヤーピース「スパイラルドットイヤーピース」を付属。イヤーピース内壁にスパイラル状に配置したディンプルで音のにごりを抑え、クリアなサウンドを実現するというイヤーピース「EP FX9」をS/MS/M/ML/Lの5サイズ同梱する。

なお、スパイラルドットイヤピースでは、本機HA-FX100T Victorにベストマッチのアップグレードアイテムだとする新モデル「スパイラルドットSF(EP-FX11)」も同時発売する。

そのほかデザイン面では、ビクターブランドの象徴である “ニッパー犬” を本体に刻印。また、筐体左右をわかりやすくするL/R表記は、スタジオモニターヘッドホン風にLを青、Rを赤で表記している。

そして充電ケースにもニッパー犬をデザイン。また、充電ケースも小型軽量で持ちやすいデザインにしたとしている。

充電ケースにもニッパー犬をデザイン

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE