【PR】Amphion「Argon0」で迫力の低音を再生

サウンドの破壊力が桁違い! テレビの横に本格スピーカーを置いてリッチなシアター体験を堪能

  • Twitter
  • FaceBook
鴻池賢三

前のページ 1 2 次のページ

2021年03月16日
ステイホームで自宅時間が長くなりがちな今、ホームエンターテインメントへの関心も高まっている。首都圏では平均1.5時間と言われる平日の通勤時間が浮く傾向にあり、また、週末も自宅にこもりがち。もともと自宅勤務の筆者も、趣味の近場アジア旅行に出かけられないので、テレビの前に居る時間が長くなっているのは確かだ。

そもそもテレビジョンは、自宅に居ながら、「テレ」(遠く)を「ビジョン」(見る)もの。紀行番組による旅行気分はもちろん、音楽ライブやコンサート体験、そして映画やドラマの世界へと引き込んでくれる。現在は4K/HDR高画質のコンテンツも選択でき、よりリアリティがアップしている。当然、サウンドも映像クオリティに見合う品位にアップグレードすることで、総合的な没入感を高めることができるのだ。

こうした状況で人気なのが、テレビの音を手軽に増強できるサウンドバーだが、もう一段上を狙ってみてはどうだろうか? それは、上質なアンプとスピーカーの導入。コンパクトな機材を選べば、同等のスペ―ス感覚で、本格的なサウンドが手に入る。また、最新機材を用いれば、操作もサウンドバーと同様にシンプルで簡単だ。今回は、そんなステイホーム時代のAVクオリティアップを提案したい。


ライフスタイルに沿う本格派スピーカーAmphion 「Argon0」

主役となるのは、コンパクトなブックシェルフ型スピーカーAmphion 「Argon0」。そしてeARC対応の4KモデルBRAVIA「KJ-43X8500H」と人気AVアンプのマランツ「NR1200」を用意している。余談だが、テレビとアンプはHDMIケーブル1本で接続でき、電源操作は自動連動して音量調整もテレビリモコンで行えるなど、使い勝手はサウンドバーと同様。これなら、ファミリーが共有するリビングでも操作で迷うことは無く、それでいて、サウンドクオリティは格段にアップするという算段だ。

Amphion「Argon0」¥132,000/ペア・税抜

最終的な音質、つまりサウンド体験は、オーディオシステムの中でも特にスピーカーが大きく左右するので気を付けたいポイント。その点、AmphionのArgon0は頼りになる存在だ。

Amphionは1998年にフィンランドで誕生した、スピーカーとしては比較的若いブランド。往年のオーディオファンには馴染みが少ないかもしれないが、逆に言えば、発想が柔軟でライフスタイルに沿う佇まいの美しさや音作りが特徴。カチカチの2chハイファイというよりは、家族がリビングでホームシアターを楽しむような使い方を想定している。冬の夜が長く、もともとステイホーム傾向にある北欧では、生活にオーディオが根付いていて、同様のコンセプトを持つブランドが多い。北欧スタイルを好み自宅時間が長くなりがちな日本にはピッタリかもしれない。

ライフスタイル寄りのイメージだが、それは決して何かが劣るという意味ではない。創業から20年を超え、今では業務用モニタースピーカーにも取り組むなど技術力は充分。家庭のリビングで楽しむためのスピーカーとして、最適解を探す研究の成果が、最新製品に反映されているという意味。ハイファイとの違いを探るのも面白そうだ。

「Argon」はAmphion製品の中で、サラウンドにも対応できるバリエーションをラインナップした上位シリーズ。最もコンパクトなArgon0は、幅132mm × 奥行220mm × 高さ259mmと場所を取らず、フットプリントはほぼA5用紙サイズ。テレビ脇に並べるとちょうど良い雰囲気だ。

ブックシェルフのサイズながらパフォーマンスに優れたスピーカーとなっている

筐体はマット調のオフホワイトで落ち着きがあり、トゥイーターとウーファーの「黒」がアクセントになって、主張し過ぎず、ほのかにモダンな存在感を放つ。インテリアを選ばず、日本の住環境ともマッチングが良いだろう。

シングルワイヤリング接続に対応している

手にして気づいたのは、トゥイーターとウーファーにしっかりしたパンチングメタルによるプロテクターが装着されていること。リビング設置の際は、子供のいたずらは心配で、清掃時などに誤って触れてしまったり、来客時に注意を促すのも無粋。安心して共用スペースに設置できるのも、音質一辺倒のハイファイとは違った気遣いを感じる。

コンパクトさを忘れさせるスケールの大きなサウンドを展開

前のページ 1 2 次のページ

関連記事