「多くの方にお勧めできる」

“音作りのプロが関わった”ビクター初の完全ワイヤレス「HA-FX100T」速攻レビュー!

  • Twitter
  • FaceBook
土方久明

前のページ 1 2 次のページ

2020年12月10日
JVCケンウッドから、ビクターブランド初となる完全ワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」が登場した。今、完全ワイヤレスイヤホンは人気ジャンルで、市場には様々な製品が出ているが、本モデルはその生い立ちからして他とは一味違う。

HA-FX100T

HA-FX100Tは同社の豊富な音響設計技術を投入した上で、さらに「ビクタースタジオ」のエンジニアが音決めに関わっているのだ。制作側のプロフェッショナル集団が協力した完全ワイヤレスイヤホンということで、発表と同時にSNSを中心に大きな話題になっている。

そこで今回はHA-FX100Tの音質ファーストインプレッションとともに、関係者から聞くことができた音質チューニングの過程や苦労談などもお伝えしたい。

HA-FX100Tは振動板にPET(ポリエチレンテレフタレート)を採用。開発過程では、PEN(ポリエチレンナフタレート)、PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)、PU(ポリウレタン)などのベース素材と、チタン、グラフェン、カーボンなどのコーティングを組み合わせテストしたそうだが、モデルが狙う音の方向性としてオーソドックスなコーティング無しのPETが適していると判断したという。

Bluetooth規格はVer.5.1に準拠。コーデックはSBC/AAC/aptXをサポートする。また、高性能LDSアンテナにより安定したワイヤレス接続が可能で、「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」による左右独立伝送にも対応する(本機能を利用するにはスマホ側も対応する必要がある)。ノイズキャンセリング機能は非搭載だが、製品の意図とコストを抑える意味で良い判断だと思う。

ハウジングやケースにはビクターのトレードマーク的存在のニッパー犬がデザインされている

また「Qualcomm cVc ノイズキャンセルテクノロジー」および高性能MEMSマイクによる低ノイズのハンズフリー通話に対応し、リモート会議や電話などでの使用時に声の帯域が聞き取りやすくなる「はっきり音声」機能を搭載する。生活防水仕様はIPX4に準拠している。

バッテリー持続時間は、本体のみで約8時間の連続再生に対応し、充電ケースによるフル充電と合わせて最大28時間の長時間再生が可能。また10分の充電で約1時間の再生に対応するクイック充電機能も備えている。

イヤーピースには、内壁に設けたディンプルによりイヤーピース内の反射音を拡散させる「スパイラルドットイヤーピース」が付属するところもポイントで、SからLまで5種類のサイズが同梱される。

ここからはHA-FX100Tの開発手法について解説したい。

開発に参加したビクタースタジオのエンジニアは3名。JVC側は、近年好評な同社イヤホン、ヘッドホンの多くを手掛ける美和康弘氏を中心に2者が協業する形で開発を行った。

開発のコンセプトは「ストレスフリーで音楽を楽しめる心地よいリスニング体験」。つまりスタジオエンジニアが欲しい物/音を作るものではなく、JVC側が開発を行い、その過程でエンジニアの音に対する知見を注入し、最終的にJVC側が音の方向性を決めたという。

その音質は?

前のページ 1 2 次のページ

関連記事