HOME > ニュース > agの完全ワイヤレスイヤホン「TWS04K」に新チューニングを施したカラバリ機が登場

「TWS04K-WH」

agの完全ワイヤレスイヤホン「TWS04K」に新チューニングを施したカラバリ機が登場

2020/12/01 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
finalは自社ブランドagの完全ワイヤレスイヤホン「TWS04K-WH」を12月10日に発売する。本日12月1日から全国販売店およびfinal直営店「final STORE」、オンラインストア「final DIRECT SHOP」にて予約受付を行う。

「TWS04K-WH」本体と充電ケース

今年5月に発売され、“マニアのサブ機”として好評だという「TWS04K」の新カラー&新チューニングモデル。筐体がホワイトになったほか、音質もTWS04Kと比較して「やや穏やかでリラックスした自然なサウンド」に新チューニングしたとしている。価格はTWS04Kと同じく15,800円(税込)。

イコライザーなしでも満足な音質になるようにスピーカーの音響特性を追求したうえで、Bluetoothに起因する高音域の気になる部分のみをイコライザーで補正。「Bluetooth特有の聴き疲れしやすい音を抑え、透明感のあるクリアなボーカルと十分な低音感を両立した」とのことだ。

TWS04Kと同様、音質を損なわない新開発の防水機構を搭載しており、雨天時やスポーツでも使用可能なIPX7の防水仕様を備える。

イヤホン部は1回の充電で最大9時間の音楽再生が可能。充電ケースは手に馴染みやすい革シボ仕上げで、2,600mAhの大容量バッテリーを搭載。ケースでの充電を含めると、最大180時間の音楽再生が可能。充電ケースはモバイルバッテリーとしても使用できる。

モバイルバッテリーとしても運用ができる充電ケース

再生周波数帯域は20Hz - 20kHz。Bluetoothのバージョンは5.0で、コーデックはSBC/AAC/aptXに対応する。イヤーピースには新設計の「TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様」を5サイズ同梱。耳の入口にソフトに装着するかたちとなっており、異物感が少ないと説明する。またイヤホンを片耳だけ紛失してしまった際も、公式サイトにて片耳のみ購入可能だ。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク