圧倒的コストパフォーマンス!

【AAEx2020 グランプリ受賞】独創性を満載した驚異の電源タップ ― iFi audio「PowerStation」

炭山アキラ

前のページ 1 2 次のページ

2019年11月21日
iFi audioには2つの顔がある。ひとつが最先端の技術を満載したエレクトロニクス製品群。そしてもうひとつが、ユニークなアイデアと確かな技術力によって生み出されたアクセサリー製品群だ。

この度「オーディオアクセサリー銘機賞2020」にて、グランプリの栄冠に輝いた「PowerStation」は、そんなiFi audioのアクセサリーにおけるノウハウを全て落としこんだ電源タップだ。

爆発的ヒットを記録した並列型ノイズフィルター「iPurifier AC」を標準搭載するほか、細部にわたって徹底した高品位設計を行うことで実現した圧倒的なコストパフォーマンス。ある意味で最もiFi audioらしさを凝縮したこの「PowerStation」の魅力はどこにあるのか。数々のアクセサリー製品に触れてきた炭山アキラ氏がレポートする。


iFi audio「PowerStation」電源タップ(¥69,000/税抜)

■強固なアルミボックスに驚きの機能を満載

iFi audioといえば、廉価ながら非常に高性能のデジタル機器に加え、とかく脈流や高周波のノイズが乗りがちなACアダプターのDCパワーをクリーンアップしてくれる「iPurifier DC2」などの電源関連グッズでも知られるが、そんな同社が今度はACの電源ボックスを開発・発表した。

8個口のボックス筐体は巌のように硬く、叩いてもほとんど鳴かない。内部にはアクティブなフィルターが装備されており、ノイズ成分を検出し、その逆特性の信号を作ってキャンセルするという、極めて高度な機構である。しかも、8口にその機構が働くというから、最高に贅沢なボックスだ。

PowerStationの内部。それぞれのコンセント同士の電力は純銅のバスバーを採用。8口それぞれのコンセントは独立したチェンバーに収容され相互干渉を防いでいるほか、EVA(エチレン・ビニール・アセテート)を効果的に用いたことで振動にも強い設計となっている

内部の配線には純銅のバスバーと極太の連続鋳造OFHC銅線が採用されている。極性のチェッカーも内蔵されており、何とこういう高音質ボックスとしては珍しく、高度なサージフィルターまで備えているというから驚く。脚は硬からず柔らかからずの小ぶりな樹脂製で4点支持だ。面白いことに、本体底面に「アフター・マーケット製品用」と記されたスパイク受けが穿たれている。これも4点だ。

極めて高解像度なサウンド、音楽を生き生きと再現する

前のページ 1 2 次のページ

関連記事