【特別企画】目指したのは「最高の音、最高の安心」

完全ワイヤレスの最新トレンドと高音質を凝縮したフラグシップ登場!M-SOUNDS「MS-TW3」レビュー

野村ケンジ

前のページ 1 2 次のページ

2019年09月18日

コストパフォーマンスの高さに定評のあるM-SOUNDSから、完全新規設計のフラグシップモデル「MS-TW3」(市場想定売価・税抜13,500円前後)が登場した
「M-SOUNDS」は、長年にわたってデジタルガジェットやスマホアクセサリーなどを手がけ続けている株式会社エム・エス・シーが2017年に立ち上げたオーディオブランド。これまでに「MS-TW1」「MS-TW2P」という、1万円を切る完全ワイヤレスイヤホンを矢継ぎ早にリリースしてきた。

そのどちらも、扱いやすく装着感の軽快なイヤホン本体や、メリハリのよい活き活きとした表現のサウンド、そしてなによりもコストパフォーマンスの高さによって大いに人気を集めている。

1万円以下ながら充実した機能とクオリティを持つ「MS-TW1」¥OPEN(市場想定売価7,970円前後)。VGP2018のBluetooth完全ワイヤレスイヤホン(1万円未満)部門も受賞した

VGP2019のBluetooth完全ワイヤレスイヤホン(1万円未満)部門も受賞した「MS-TW2P」¥OPEN(市場想定売価9,990円前後)

そんなM-SOUNDSから、第3弾となる完全ワイヤレスイヤホンが9月18日に登場した。それがこの「MS-TW3」だ。

ファーストモデル「MS-TW1」のアップグレード版という印象だったセカンドモデル「MS-TW2P」に対し、この「MS-TW3」は、「最高の音、最高の安心」を製品コンセプトに、ゼロベースから作り上げたフラグシップモデル。これまでの2製品とは全く違った外観デザインを持つうえ、音質面・機能面でもさらなるグレードアップが推し進められている。

これまでの2モデルとは一線を画したというフラグシップモデル「MS-TW3」。上質なデザインの外観からも、進化のほどがうかがえる


複合振動板採用ドライバーやHDSS採用などでサウンドクオリティを大幅に向上

なかでも最大の特長といえるのが、サウンドクオリティの大幅な向上だろう。TPU(熱可塑性ウレタン)とPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)による2層構造の複合振動板を採用した5.9mm口径のダイナミック型ドライバーを開発して搭載したことに加え、筐体内部に発生する不要な反響音を吸収/整流させるHDSS(High Definition Sound Standard)音響モジュールを採用した点は注目だ。

2層構造の複合振動板を採用したドライバーは完全新規設計

HDSS音響モジュールを採用した点も注目したい

音質向上にはボディデザインも寄与しているという。ノイズダウンカナルや3Dロングノズルを採用したことで、高い遮音性を実現。騒音を気にせず集中して音楽を楽しめることはもちろん、ドライバーの表現力を余すことなく聴けるという点でもメリットだ。さらに、標準のイヤーピースとは別に、高い遮音性と伸びやかな高音を表現するSpinFitの「CP350」も付属している点も嬉しい。

装着感や遮音性を高めるボディデザインを採用。平均ー20dBという遮音性を獲得したという


通常のシリコンイヤーピースに加え、遮音性の高いSpinFitの「SP350」も付属している
さらに、Qualcomm社の最新SoCを採用することで、SBCやAACに対して音質的なアドバンテージを持つaptXコーデックにも対応したほか、動画再生時などに気になる音声の遅延も最小限に抑えられている。音質、遅延対策ともに向上しているのは、大いに興味がひかれる。


ケース込みで約60時間の長時間駆動が嬉しい。接続安定性も◎

使い勝手の面でも、随所に嬉しい機能向上が行われている。まず、Qualcomm社の最新SoCの採用によって連続再生時間が大幅に向上し、イヤホン本体で約10時間の連続再生時間を実現。専用ケースからの充電を合わせると、約60時間使用できるようになった。ちなみに、「MS-TW2P」のバッテリー持続時間は約2.5〜3時間だったから、3倍以上のロングライフ化が実現されたこととなる。これはありがたい。

また、Qualcomm社の最新SoCは接続安定性にも貢献しており、高感度アンテナの搭載もあわせて、電波干渉の多い街中でも安定した接続を実現。さらに、左右に独立して信号伝送を行う「TrueWireless Stereo Plus(TWS Plus)」にも対応。Xperia 1など対応スマートフォンとの接続では、更なる接続安定性とバッテリー持続時間が期待できるという。


防水・耐衝撃性能と「あんしん補償サービス」で濡れても落としても安心

そのほかにも、「MS-TW3」には様々な工夫が盛り込まれている。

IPX7相当の防水性能に加え、MIL規格(MIL-STD-810G)準拠の落下試験もクリアしている点がユニークだ。日常的に使っていれば、急な雨に濡れたり、装着時や収納時にうっかり落としてしまったりというシーンに遭遇することはあるはず。そんなときでも故障するリスクが低減されているのはとても安心だ。

IPX7相当の防水性能を備え、イヤホンが汚れても水洗い可能

加えて、2019年内にiOS/Android OS用ファームウェアアップデートアプリの提供を予定していたり、保証期間内であれば紛失・破損したパーツを特別価格で購入できる「あんしん補償サービス」を用意するなど、サポート面でも充実した内容が用意されている。こういったユーザー目線の製品作り、ユーザーサポートはありがたいかぎり。このあたりは、M-SOUNDSらしさの現れともいえる。


気になる音質は?装着感や使い勝手は?徹底チェック!

さて、ここからは実際の製品を手にした感想をお届けしよう。

「MS-TW3」の気になるクオリティをレビュー

気になる音質は?装着感や使い勝手は?徹底チェック!

前のページ 1 2 次のページ

関連記事