【特別企画】「パーソナルEQ」などアプリ機能も充実

音も機能も“スポーツのため”の完全ワイヤレスイヤホン、Jaybird「VISTA」レビュー

折原一也

前のページ 1 2 3 次のページ

2019年08月01日
究極のスポーツ性能!Jaybird完全ワイヤレスイヤホン「VISTA」の作り込みが凄すぎる

ロジクールの展開する米ブランド「Jaybird」は、音楽でスポーツにエネルギーをもたらす、スポーツを原点とした製品を作り続けてきた。

そんなJaybirdから新たに登場する「VISTA」は、最高の音質、そしてスポーツ向けに最高の性能をもつ完全ワイヤレスイヤホンだ。先代の「RUN」「RUN XT」から、全面リニューアルと呼べる程のアップデートが施されている。

JayBird「VISTA」

スポーツイヤホンに求められる性能の第一は、本格的なフィット感で、ストレスなく装着し続けられること。VISTAを装着して実際に体を動かしてみると、その価値が良くわかる。

まず、イヤホン本体のサイズが完全ワイヤレスイヤホンの中でもコンパクトにまとまっている。スペック上の重量はイヤホン本体のみで4.7g。Jaybirdのロゴがデザインされたパネル部は、少し凹んだようなカーブが施され、見た目にも小ささを強調している。

あらゆる完全ワイヤレスイヤホンの中でも、かなりコンパクトなサイズ感を実現

装着感については、イヤーチップとフィンを一体化した “シリコンイヤージェル” を3サイズ付属。構造的には「TARAH PRO」で採用されたタイプに近いが、今回からハードなシリコンを採用しており、表面仕上げもさらに滑りにくくなっている点も安心だ。

実際に装着してみると、小さなイヤホンがしっかりと外耳にはまる形でフィットする。体を動かしてみても、肌との接触面は滑りにくいシリコンで固定される上に、フィンによってズレも防止。ランニングはもちろん、上半身を大きく回してストレッチしたり、マットの上で体をよじっても微動だにしなかった。また細かな点だが、VISTAは耳に対して平面に収まるので、腕を頭の横にまわしても引っかかることがなく、全身を使ったスポーツでも通用する作りになっている。

イヤーチップとフィンが一体化したタイプを採用。しっかりした質感のシリコン製で滑りにくい。フィン部分がないタイプも用意する

イヤージェルが本体にしっかり装着できるような設計も施されている

アウトドアスポーツに求められるタフネス性能は、 “アース・プルーフ・カプセル・コンストラクション” という独自構造で実現。防水性能はIPX7による完全防水と、独自の厳しい基準をクリアした防汗性能も備えているので、激しい運動や長時間のランニングで汗を流しても問題なし。雨濡れだけでなく、水道でバシャバシャと洗えるタフさも使っていて安心だ。

独自の「アース・プルーフ・カプセル・コンストラクション」構造を採用

高い防水・防汗・耐衝撃性能は、スポーツの強い味方だ

バッテリーの持ち時間はイヤホン単体で6時間、充電ケース10時間分と合わせて、最大16時間の連続再生が可能だ。また5分充電で1時間使える急速充電対応なので、万が一トレーニング中にバッテリーが切れても休憩中に復活させられる。リニューアルされた充電ケースはマグネット内蔵でイヤホンがしっかり収まり、ストラップ付きなところもアウドドアでラフに扱いやすい。

充電ケースも四角い形状になりスリムかつ小型化を果たした

イヤホン収納部にマグネットを内蔵し、しっかり吸着するので外で落としたり紛失のリスクも抑えられる

完全ワイヤレスイヤホンの課題とされる “左右接続性の改善” もVISTAのトピックだ。新たに「JBS1 wireless technology」を搭載することで、劇的に接続の安定性が向上している。実際にVISTAを装着して街中、そして公園のトレーニングもしてみたが、音切れは一度もナシ。様々な電波が飛び交う屋外で使う上で、接続が安定していることはとても心強い。

初回ペアリングは充電ケースの中央部(左右イヤホンの間)にあるボタンを押すと接続可能に。次回以降は取り出せは自動的にペアリングする

なお、Jaybird「VISTA」には片耳だけで動作する「Single Earbud Mode」も用意。特にコミュニケーションが求められるスポーツシーンでは、片側のみ装着するスタイルでも利用可能だ。

サウンド面も進化! EQ機能のパーソナライズ化も

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク

関連記事