H1チップの効果は絶大

第2世代「AirPods」速攻レビュー。使い勝手は、音はどう進化したのか?

編集部:風間雄介

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2019年03月26日
待望のAirPods第2世代モデルがいよいよ販売を開始した。早速ゲットしたので、旧モデルからの進化点などを交えながら、ファーストインプレッションをお届けする。なお、テストはiOS 12.2のiPhone XとiPad Pro(11インチ)で行った。

第2世代AirPods。写真は「AirPods with Wireless Charging Case」¥22,800(税抜)

AirPods新モデルの概要については、ニュース記事もあわせて参照して欲しい。

まず本題に入る前に、記者のAirPodsとの関わり、使い方をかんたんに紹介しておきたい。

記者は第1世代のAirPodsが2016年12月に発売されて以来、2年以上にわたって、ほとんど毎日使い続けてきた。

バッグの中には必ずAirPodsが入っており、そのほかにカナル型の完全ワイヤレスイヤホンを1-2個、さらにワイヤードイヤホンを1つ以上持ち歩くというのが、この1年ほどの定番スタイル。長期出張時にはこれにノイズキャンセリングイヤホン・ヘッドホンが加わる。

数多ある完全ワイヤレスイヤホンの中で、なぜAirPodsを定番モデルとして使い続けてきたかというと、「楽だから」ということに尽きる。

音楽を聴く気があろうとなかろうと、通勤電車に乗ったら、まずはAirPodsを耳に装着する。こうしておくと、SNSなどをチェックした際に見たい動画があったとき、すぐに動画再生を始められ、とても便利なのだ。何も再生しなくても、イヤホンを着けているという圧迫感がなく、周囲の音もよく聞こえるから、「とりあえず着けておく」のが苦にならない。

ただし、周りがうるさい状況では、AirPodsでしっかり音楽を聴くのは難しい。遮音性がほとんどないので、周囲のノイズがガンガン飛び込んでしまい、音楽に集中できない。周囲の騒音に負けないようボリュームを上げると音漏れが周囲の迷惑になるし、耳の健康にもよくない。だから音楽をちゃんと聴きたいときは、カナル型イヤホンに着け替えている。

前置きが長くなったが、いよいよ本題に入る。新AirPodsの特徴は、ざっくりまとめると

・初代とほとんど変わっていない見た目
・ワイヤレス充電ケースモデルが新たに登場
・声でSiriを呼び出し可能に
・新たに「H1」チップを搭載。デバイスとの接続や切り替えが高速化、ワイヤレス接続もさらに安定化。ゲームのレイテンシーも最大30%低減
・一段と高いサウンドクオリティを実現


といったところだろう。それぞれの使い勝手、クオリティを検証していこう。

機能が向上しながら外観はほとんど同じ

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事