「トラベルケース」など進化点多数

使い勝手バツグンの重低音系・完全ワイヤレスイヤホン!SOL REPUBLIC「AMPS AIR 2.0」レビュー

折原 一也

前のページ 1 2 3 次のページ

2018年10月10日
SOL REPUBLICの完全ワイヤレスイヤホンが「AMPS AIR 2.0」にアップデート!

SOL REPUBLICは2011年にサンフランシスコで設立され、スティーブ・アオキやカルヴィン・ハリスといったトップDJやアーティストとのコラボも行っている新鋭ヘッドホンブランドだ。

ブランド名のSOLは“Soundtrack Of Life”という言葉から取ったもので、「素晴らしい瞬間には必ず音楽が存在し、その音楽によって人は過去の記憶を思い出す」とのメッセージが込められているという。

オーディオ業界、そしてアーティストと関わりを持つSOL REPUBLICの国内展開は、2013年よりスタート。いくつかのヘッドホン、イヤホンを発売したあと、2017年1月に同社初の完全ワイヤレスイヤホン「AMPS AIR」を登場させた。

そしてこの度発売される2代目の完全ワイヤレスイヤホンが「AMPS AIR 2.0」だ。AMPS AIRからのアップデートという位置づけであるこのモデルについて、前モデルから継承した特徴をまじえて解説していこう。

「AMPS AIR 2.0」(¥14,980/税込)

スタイリッシュなデザインに、IPX4防水を備えたイヤホン本体

AMPS AIR 2.0イヤホンの本体は、特徴的なカットが施されたシリコンスリーブに覆われるスタイリッシュなデザイン。本体質量は約6gで、6mmドライバーを内蔵したイヤホン本体はリチウムイオン電池で3時間のバッテリー駆動が可能となっている。

カットが特徴的なシリコンスリーブに覆われ、耳あたりもよいデザイン

イヤーピースは4サイズが付属し、フィット感の調整も考慮。左右ともイヤホンの背の部分全体がボタンとなっており、再生/一時停止、電話の受話/終話など各種操作に対応する。Bluetoothのバージョンは5.0。バージョン4.1だった前モデルに比べて、内部アーキテクチャも最新仕様となっている。

イヤーピースは4種類が付属する


ブラックの他、ゴールド/ブルー/グレーの計4色をラインナップする
またAMPS AIR 2.0のハードウェアで、もうひとつ注目したいアップデートは、防滴・防汗のIPX4対応となったことだ。完全ワイヤレスイヤホンとしてトレンドとなっている、ジョギングやエクササイズなどのアクティブな用途までもカバーし、より安心して長期間使えるオールマイティなモデルとなった。

IPX4にも準拠し、エクササイズなどアクティブな用途でも使っていける

モバイルバッテリーにもなる“トラベルケース”の機能性

SOL REPUBLIC製品全体の特徴と言えるのが、サウンドクオリティだけでなく、機能性も洗練されていること。AMPS AIR 2.0のパッケージでそれを感じさせる最大の特徴は、マットな質感を備えた“トラベルケース”の存在だ。

イヤホン収納ケースの“トラベルケース”

コンパクトなケースが大容量モバイルバッテリーに

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事