複数デバイスが同時につながると4K映像が乱れる?

4Kを観るなら実はWi-Fiルーターが重要! バッファローの“トライバンド”が実現した新基準を体感

折原一也

前のページ 1 2 次のページ

2018年03月26日


従来の家庭内のWi-Fiルーターの置き場というと、意外と電話機の近くやリビングの片隅がよくあるパターン。Wi-Fiルーターは通信さえしてくれれば操作する必要もないので、部屋のインテリアを気にする奥様に目立たない所に追いやられて、結果として電波状況が悪くなってしまう事が多々あったという。そこでバッファローが考えたのが、インテリアとして部屋の目立つ位置に出してもらえる上質なデザインにすることだ。

「WTR-M2133HP」のお皿のデザイン部には2.4GH、5GHzのアンテナを内蔵しており、何より見通しの良い場所に置いてもらう事で電波環境を改善。本体下には3つのLANポートと1つのWAN(インターネット)ポートを搭載し、スタンド部を外せば上向き設置もできるので、ちょっとしたトレーのような小物置き場としても有効活用できる。

平置き設置の様子。金属など通信を阻害するものでなければ、お皿状の部分にモノを置くこともできる

そして本体中央部に付いている可動式のアンテナは、トライバンドのなかのもう一系統の5GHzに用いる指向性アンテナとなっている。ここでもポイントになるのはお部屋のインテリアを気にする奥様の捉え方だ。

「トライバンドWi-Fi」で画像検索すると分かるが、現在のトライバンドWi-Fiルーターは黒くて四角いボディーに多数のアンテナがランダムな方向に生えているものが他メーカーでは主流だ。しかし、これでは美観上、目立つところには置けないだろう。そこで「WTR-M2133HP」はお皿のような本体を時計の文字盤、そして可動式アンテナを時計の針に見立てて、さりげなく決まった方向に5GHzの電波を向けられるようにしているのだ。

5GHzのWi-Fiで接続したい4Kテレビの設置方向にこのアンテナを向ければ、通信容量の多い4K映像のストリーミングを最高画質で視聴できる訳だ。

指向性アンテナは可動式で、水平方向でおよそ270度まで、垂直方向におよそ90度まで任意に動かすことができる

また、この指向性アンテナにより、距離のあるデバイスへの通信性能が高まる。同社によれば3階建て住宅の2階にルーターを設置した場合、3階での通信速度は約1.5倍にもなるという(詳しくはバッファローのWebページを参照)。

距離が離れた場所への通信速度が大きく高まる

2階3階と分かれていない物件でも、距離が広がれば通信が弱くなることはよくある。リビングにルーターを設置して、通信回線を圧迫しそうなパソコンや個人用のモニター、テレビを置いた自室にアンテナを向ける、という使い方も良いだろう。また、電波が届きにくい場所用に専用中継機「WEM-1266」も近日発売を予定している。少なくとも家の中で、電波が弱いということはなくなるはずだ。

「バンドステアリング」「アドバンスドQoS」で4K映像の通信を最優先で確保

もちろん、ルーターの通信でも4K映像配信を安定させる機能が搭載されている。

まず、接続機器を判別する「機器判別機能」と通信の混雑状況を判別して空いているバンドへ誘導する「バンドステアリング」だ。2.4GHzと2つの5GHzというトライバンドの電波状況と通信状況、混雑状況を自動で判別し、自動的に空いている帯域の通信をするため、多数の機器が同時に通信する環境でも最適な周波数で通信。

バンドステアリングにより、自動的に空いている帯域に振り分けられる

テレビでのネットワーク選択画面では3系統すべて同じ名前が表示されることがあるが、どれを選んでも都度空いている帯域につながる

さらに通信の優先順位を設定できる「アドバンスドQoS」の「4Kモード」に対応。優先順位として4K映像を一番とすることで、4K映像をストリーミングで視聴している際には通信の安定度が上がり、より安定して映像配信を視聴できる機能まで組み込まれた。

実際にどれだけ通信の安定度に差が現れるのか。編集部の視聴室に「WTR-M2133HP」をセットし、Netflixの4K映像を視聴しながらスマホ、タブレット、PCを動画配信、そしてスピードテストの実施で総動員してみても、4K映像ビットレートの低下を防げる事を確認できた。

テレビだけでなく、スマートフォンやタブレットでも4K映像を受信

他社製の一般的な11ac対応ルーターも通常の4K映像配信は問題なくできていたが、同じように多数のデバイスをつないで負荷をかけた環境下では4Kテレビの映像ビットレートが下がり、HD画質になってしまった。その画質低下は画質パラメーターを表示するまでもなく目で見て判別できる程で、もし自宅で視聴している時に同じ事が起きたら興ざめだ。

他社製ルーターでは、フルHDまで画質パラメーターが低下することも多く、スピードテストの結果も芳しくない

バッファローのトライバンドルーターでは、4K画質をしっかり確保しながら、スピードテストの結果も良好

どんなに電波環境に負荷をかけても、4K映像配信のクオリティを維持するトライバンドWi-Fiルーター。映像配信が今後スタンダードになっていく中で、まさにAVファンの選ぶべきルーターとして指名買いする価値のあるモデルだ。

(折原一也)

前のページ 1 2 次のページ

関連記事