複数デバイスが同時につながると4K映像が乱れる?

4Kを観るなら実はWi-Fiルーターが重要! バッファローの“トライバンド”が実現した新基準を体感

折原一也

前のページ 1 2 次のページ

2018年03月26日
バッファローから “4Kをむかえる新基準” としてトライバンドWi-Fiルーター「WTR-M2133HP」が発売された。AVファンの皆さんも、自宅に光ファイバーなどの高速インターネット回線を導入している人は多いだろうし、さらにはすでに4K映像配信を自宅で満喫中なんて人もいるかもしれない。そんなインターネット接続で用いるWi-Fiルーターにおける “4Kをむかえる新基準” とは何なのだろうか−−?


ルーターに求められる “4Kをむかえる新基準” とは?

まず、バッファロー「WTR-M2133HP」の『トライバンドWi-Fiルーター』の意味から解説していこう。トライバンドの意味する所は、Wi-Fiルーターの対応周波数に2.4GHz、5GHz、そしてもう1系統の5GHzで、2.4/5/5GHzと合計3系統の電波を扱っていることだ。

「WTR-M2133HP」(パ−ルホワイトグレ−ジュ)

通信規格は5GHz帯を使用する最新のIEEE802.11ac(以下、11ac)で1系統あたり最大866Mbpsまで対応するので、4K映像に求められるインターネット速度(25Mbps程度が要求される)までも余裕でクリア。ただし、それだけであれば他の1系統のみ対応の11acWi-Fiルーター1系統の通信でも、Wi-Fiの転送速度は余裕で足りる計算になる。

本体側面下部に電源ボタンや端子部を配置。LANは3端子を備える

だが、実際の家庭での利用シーンを考えてみると、不安があるという。

家族全員がWi-Fi環境を使い倒すファミリーに向けたトライバンド

自宅のインターネット回線とWi-Fiに接続する機器を思い浮かべてみると、何台の機器がWi-Fiで接続しているだろうか。例えば、今やスマホは一人一台所有しているので父・母・子ども2人で考えると4台、そこにPCやタブレット、無線プリンター、据え置きゲーム機、ニンテンドー3DSなどの携帯ゲーム機、ネット接続対応のテレビやBDレコーダー、動画サービスを利用するためのFireTVなどの機器や、いわゆるIoT家電のようなものがあると15台以上の機器が接続されている事すら珍しくない。

最近のWi-Fi対応機器の利用する電波は、以前は空いていると言われていた5GHzへの移行が進み、2.4GHz帯を利用する機器はニンテンドー3DSくらいしか残っていないが、その一方で空いていると言われた5GHzに、逆に家庭内のWi-Fi通信が集中する事態となっている。

さて、そんなある日、リビングの大画面テレビで4K映像をストリーミングしている真っ只中に、子どもたちもそれぞれ自分の部屋でスマホとタブレットで映像をストリーミングで視聴し、PCはWindowsアップデートをダウンロードするようなWi-Fi通信の集中が起きたらどうなるだろうか。

大手動画配信サービスの4K映像は通信速度に応じてビットレートを調整するため映像の途切れまでが発生する事は稀だが、映画やドラマの視聴中に動きがカク付いたり、画面解像度が4KからHD画質に落ちるような事があっては、せっかくの4K映画の視聴体験も興ざめといったところ。

現実的に起こりうる4K映像ストリーミングの途切れまでを対処できるルーターが、バッファローの “4Kをむかえる新基準” であるトライバンドWi-Fiルーターなのだ。

お洒落なデザインで電波環境に優れたリビングの一等地を確保

改めて「WTR-M2133HP」を見ると、そんな現代の通信事情を考えた様々な取り組みがなされている。

カラーバリエーションとしてパ−ルロ−ズグレ−ジュも用意

まずは、見た目だ。インターネット接続用のW-Fiルーターというと「黒くて四角い」というイメージがあると思うが、「WTR-M2133HP」は白いお皿のような外見で、一目見てお洒落なインテリア風。実はこのデザインもバッファローが通信環境改善に掛ける、家庭での設置環境を改善したいという想いが込められている。

4K映像の通信を最優先で確保するから乱れない

前のページ 1 2 次のページ

関連記事