Windows用アプリも公開予定

バッファロー「おもいでばこ」がiPhoneのHEVC、4K動画、Live Photosに対応

編集部:押野 由宇
2018年03月07日
バッファローは、「おもいでばこ」PD-1000SシリーズとPD-1000シリーズ本体のソフトウェアアップデート(Ver.3.30)および、iOS用「おもいでばこ」アプリ(Ver.6.3)、Android用「おもいでばこ」アプリ(Ver.6.3)のアップデートを本日3月7日より公開した。Mac用アプリ(Ver.2.5)は3月14日公開予定。

“おもいでばこ”「PD-1000」シリーズ

本アップデートにより、iOS 11よりiPhone X/8/7や最新iPad Proで標準対応とした「HEVC」形式の動画や、iPhoneで撮影した4K動画やLive Photosのとりこみ、再生および書き出しに対応する。

iPhoneにとりこまれたLive Photosはアプリ上で[LIVE]と表示される

「おもいでばこ」へとりこんだ各動画は、「おもいでばこ」につながるテレビ・スマホなどの各機器でフォーマットにとらわれずに表示・再生可能となる。対応機器の少ないHEVC動画も、最適に変換した互換性の高いデータを作成することで他の動画と区別なく楽しめるとしている。また、データを外部に書き出す場合も、オリジナルのHEVCや互換性の高いおすすめの形式を選んで書き出しができる。

写真画面からLive Photosの動画をテレビで再生

なお、「おもいでばこ」を接続したテレビでの動画再生は、フルHD(2K)解像度となるほか、とりこめる4K動画は、HEVC形式、H.264形式ともに、最大4GBまで。

また、Windows 10 / 8.1 / 7搭載パソコンから「おもいでばこ」がスマホ・タブレット同様に利用可能になるWindows用「おもいでばこ」アプリが3月14日公開予定となっている。

Windows用「おもいでばこ」アプリも公開予定

これまで、Windowsパソコンからは「おもいでばこ」に入った状態のまま写真・動画を閲覧できなかったが、このWindows用アプリによって、パソコンからリアルタイムに保存した写真・動画へアクセスし表示・再生、データの出し入れ操作などが行えるようになる。

関連記事