動画再生能力が大幅強化

【レビュー】iPhone 8のAV機能をチェック! HDR/ドルビービジョン画質やカメラ性能を検証

山本 敦

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2017年09月22日
アップルから最新スマートフォン「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」が9月22日に発売された。今回は編集部が購入した「iPhone 8」を使い、オーディオビジュアル関連の機能を中心にチェックした。

アップルの新しいスマホ「iPhone 8」の実力をAV系機能を中心にチェックした

取材を始める前は「どうせiPhone 8はセブンからのマイナーチェンジだから、本命はX(テン)で決まり」と思っていたが、意外にもHDR対応ディスプレイの周辺で本機の魅力に引き込まれ、物欲が大いに刺激されてしまった。

ガラス素材の質感を活かしたデザインに生まれ変わった

はじめにiPhone 8の外観の印象から報告しよう。デザインはiPhone 7とほぼ変わっていないが、リアパネルが高耐久性のガラス素材に変更され、背面のルックスがゴージャスになった。

フロントだけでなくリアパネルにも強化ガラスを採用。iPhone 7よりもグロッシーな雰囲気になっている

今回試用した端末はシルバーだが、リアパネルはむしろシルバーではなくホワイトに見える。ガラス素材なので、背面のグリップ感はメタルパネルのiPhone 7より少し良くなったように感じるが、このあたりはケースに入れてしまうのであまり気にされない方も多いだろう。

側面には指触りの滑らかな、航空機グレードのアルミフレームが使われている。アンテナ感度を確保するための樹脂パーツはかなり目立たないように配置されている。

新しいiPhone 8シリーズはQi規格に準拠したワイヤレス充電にも対応している。今回は試していないが、アップル純正のアクセサリーでなくても、Qi対応ワイヤレス充電器を用意すればチャージできる。

そのほか、11月に発売予定のフラグシップ機「iPhone X」は顔認証機能のFace IDが話題になっているが、iPhone 8は従来モデルと同じくホームボタンにTouch IDを搭載。使い慣れた指紋認証が引き続き使える。

CPUには64ビットアーキテクチャーを搭載する6コア構成の「A11 Bionic」チップ、ニューラルエンジンや組み込み型M11モーションコプロセッサを採用。処理性能の高速化と高効率化を合わせて実現した。ベンチマークアプリ「Geekbench 4」でCPU性能をiPhone 7と比較してみたところ、約1.6倍前後のパフォーマンスを叩き出した。

ベンチマークアプリで新旧iPhoneのCPU性能を比較してみたところ、iPhone 8(左)の高いスペックが確認できた

自動でホワイトバランス調節「True Toneディスプレイ」

本体や画面サイズはiPhone 7から変わっていない。4.7インチのRetina HDディスプレイは解像度が1,334×750ピクセルで、画素密度は326ppi、コントラスト比は1,400対1だ。もちろん、iPhone 8とiPhone 7を並べて静止画を表示した際の精細感はほぼ変わらなかった。

iPhone 8で新対応、HDR/ドルビービジョンの画質を検証!

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ