【特別企画】スタイリッシュなデザインで360度サウンドを実現

ポータブルなのに重低音は“メガ級” - Bluetoothスピーカー「UE MEGABOOM」を聴いた

折原一也

前のページ 1 2 3 次のページ

2016年10月31日
大胆なデザインと高い質感が所有欲も刺激してくれる 

実際にUE MEGABOOMを手にとると、全体を覆うファブリック素材とラバー仕上げのフレームで、手触りが良い。ボトル型のボディに大胆にレイアウトされた「+」と「−」のボリュームボタンにも惹かれる。高い質感にポップさも合わせ持ったデザインは、シンプルな大人の部屋にも、秘密基地のような雑然とした趣味ルームにも似合うはず。インテリアとしての存在感があり、所有欲をくすぐってくれるのもいい。

基本カラーは全4色を用意

カラーは、今回取材に用いたシックなチャコールブラックのほか、プラム/ラヴァレッド/エレクトリックブルーという色鮮やかなラインナップを用意している。

スタイリッシュなパッケージもグッドだ

重さは見た目よりも軽く、本体質量は877gとポータブルでも十分活用できる。設置方法は、ただ立てて置くだけ。置き場所も選ばない。

UE BOOM2と同様の機能を搭載。IPX7の防水性能を備える

Bluetoothスピーカーとしての機能を観ると、「UE BOOM」シリーズで定評のある機能性はすべて継承している。

Bluetoothのペアリングは、NFCによるワンタッチ接続にも対応。使用シーンは屋内外を問わないポータブルBluetoothスピーカーに求められるタフネス性能として、IPX7の防水性能を確保する。IPX7といえば「iPhone 7」と同様の防水性能で、雨や水滴に濡れる程度ならまず問題なく、浴室やプールなど水に浸かるような環境でも使える。水中に落としても、そのまま動作を続けられるほどだ。

パッキンをめくるとUSB端子があらわれる。ネジを外せばパッキンごと取り外せる

ボディの底面の手回しロック付きのラバー製カバーを開けると、充電に用いるMicroUSB端子と補助入力にあたる3.5mmステレオミニ端子が隠されている。なお、手回しのロックを外さなくても、カバーをすこしめくる形で各端子に接続できるので、使い勝手も十分だ。

バッテリーの連続駆動時間は20時間を確保。Bluetoothスピーカーの基本機能としてマイク内蔵のハンズフリー通話、「UE MEGABOOM」アプリとの連携による2台同時再生や、イコライジングの機能も備えている。

UE MEGABOOMは、十分なタフネス性能を備えているので、家の中で持ち歩いても良し、浴室などで音楽を聴いても良し、屋外に持ち出しても良しというわけだ。特に海外では、屋外のホームパーティー用としても人気があるというのも頷ける。

ダンス系やロック、女性ボーカルとの相性は?

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事