新旧モデル比較も実施

エソテリック「C-02X/S-02」レビュー − Grandioso直系のセパレートアンプの実力とは?

鈴木裕

前のページ 1 2 次のページ

2016年03月11日
エソテリックの「Grandioso」シリーズ直系モデルとして、旗艦機の思想と技術が惜しみなく投入されたセパレートアンプ「C-02X/S-02」。本機の実力を鈴木裕氏が分析する。

「S-02」¥1,400,000(税抜)

「C-02X」¥1,400,000円(税抜)

■新2モデルの概要とポジショニング
旗艦シリーズのエッセンスを凝縮した、レギュラーモデルの最高峰機

エソテリックのフラッグシップは、いわずもがな「Grandioso」シリーズである。アンプで言えば、プリアンプ「C1」、モノラル・パワーアンプ「M1」とステレオ・パワーアンプ「S1」だ。そのテクノロジーと考え方を継承した、言ってみれば“レギュラーモデルの最高峰”に位置するセパレートアンプが、「C-02X」と「S-02」と言えるかもしれない。

結論から言うと、それぞれ一筐体の中にフラッグシップのエッセンスを凝縮した感のある製品だ。C-02Xは「C-02」の後継機種とは言え、同社のSACDプレーヤー「Kシリーズ」の“X”型番をまとう最新の4機種同様、その表現力は大きな進化を遂げている。S-02は系譜的には「A-02」の後継機種だが、その内容、音ともにGrandioso S1の弟的な存在であり、高い駆動力と特有の魅力ある音色を備え、独立した存在感を示している。

「C-02X」は電源回路など大幅に変更。さらなる音楽表現力向上を目指した

C-02Xと、旧モデルであるC-02を比較すると、デザイン的にはフロントフェイスの一部が変更されてかなり印象が変わったのだが、仕様面でこの2機種の違いは少ないようにも思えるかもしれない。ただし細部まで把握していくと、Grandioso C1の技術を大きく取り入れていることが分かる。そして実際に音を聴いてみると、そのひとつひとつは小さな要素に思える積み重ねが、結果としては音としてずいぶん大きな違いをもたらしていることに驚かされるのだ。プリアンプ作りが難しい所以である。

C-02Xの内部構造(写真右が上面、左が底面)。電源部から左右チャンネルを独立。チャンネル間の相互干渉を徹底的に排除する左右独立の完全デュアルモノ設計とし、さらに左右チャンネルそれぞれに専用の電源トランスを用いることで電源ラインを経由したノイズの混入も防ぎ、ピュアでクリーンな増幅を可能とした。また電源回路パターンの細部もGrandiosoの技術を取り入れてブラッシュアップされている

C-02から進化した部分だが、まず電源回路の基盤のパターンが変更された。つまり形が変更されている。もともとがデュアル・モノラル思想を徹底したもので、5つの電源トランスを独立させた内部のシメントリーさはうっとりするほどだが、さらにその細部を詰めてきたのだ。そして、ボリューム回路自体は変更されていないものの、ボリュームノブの形状や使われているベアリングが進化した。C1と同じく、VRDSドライブメカのベアリング機構を応用。芯ブレのない、高級な操作感をもたらしている。

C-02Xボリュームノブと入力セレクターは、無垢アルミブロックから削り出し。各ノブの軸には、Grandioso C1同様、VRDSドライブメカのベアリング機構を応用した、高精度ボールベアリング式コントロールノブを応用。芯ブレの全く無い高精度な回転を可能にしている

C-02Xの背面端子部。アナログ入力はRCA×3、RCA2(AVプリ入力として使用可能)、XLR×2を装備。MM/MC対応のフォノモジュール(\100,000・税別)も用意されている(サービスセンターにて取り付け)

大事なところなので音量調整の方式についても紹介しておこう。フルバランスで構成されるラダー型の抵抗を切り替えるやり方で、ゲインをコントロールして音量を調節する方式だ。これによってオーディオ基板からボリューム素子への配線をなくして信号経路を短縮。また、5種類のボリュームカーブを選択できたり、入力ごとにゲインを±18dBで設定、AVスルー出力を持たせられるなど、音量調整に関しての多機能さが特徴でもある。

バッファーアンプ部は、C-02からスルーレートが2000V/μsというハイスピードを誇る素子を採用しているが、C-02XではGrandioso C1用に開発したスーパーキャパシターアレイ(コンデンサー)を搭載。チャンネルあたり合計10万μFの容量を構成し、反応のいい、揺るぎない低域再生を支えている。

C-02Xの出力バッファー回路には、電流出力能力が高く、スルーレートが2000V/μsというハイスピード素子を採用。バッファー回路にはESOTERIC-HCLDを採用。出力ラインごとに独立させ、XLR出力はホット/コールドをシンメトリー構成とすることで、瞬間的な電流供給能力を最大化した。また、バッファー回路の直近には安定化電源としてGrandioso C1用に開発されたEDLCアレイを搭載。合計100,000μFの容量を備える

「S-02」はA-02の後継機と言うより、Grandioso S1の弟的な存在

ステレオ・パワーアンプのS-02の詳細を見ていこう。天板を外して内部を確認すると、中央のトランスの形以外、Grandioso S1とそっくりに見える。一番の違いはS1のトロイダルトランスのある部分に、S-02ではEI型のトランスが搭載されている点だ。物量投入型の電源部で、145W(8Ω)から580W(2Ω)までの出力をギャランティ。その主役がEIトランスというわけだ。940VAの容量を持つもので、巻き線から左右チャンネルを独立。5mm厚の鋼板製ベースにリジッドマウントされている。


内部は左右のコンパートメントにパワーアンプブロックが収納され、中央のスペースが電源部となっている。注目すべき点は、電源トランス、及び整流回路が、前段とドライブ段で分離している点、そして、それぞれの電源のコンポーネント(トランスの巻き線やコンデンサー)が左右で独立し、Grandiosoに通じるモノラル設計思想が踏襲されている点だ

S-02の電源トランスは、こだわりぬいたカスタム仕様とし、粘りのある良質な低音を特徴としたEI方式のトランスをセレクト。940VAの大型コアは、巻き線から左右チャンネルを独立させ、内部の5mm鋼板製のベース部にリジッドにマウントすることで、限りなくピュアな音質を追求している
電解コンデンサーはチャンネルごとに4700μF×3パラレルでデュアルモノ構成。ダンピングファクターは1000という数値を達成している。出力部はGrandiosoシリーズのパワーアンプと同じく、瞬間34アンペアを誇る大型のバイポーラLAPTトランジスター。これを5パラレルでプッシュプルとした3段ダーリントン回路を構成。また、ドライブ段2段目から最終段への出力インピーダンスを下げ、電流供給能力を高める独自の回路「LIDSC」も特徴だ。

S-02では、連続動作17アンペア、瞬間動作34アンペアという電流供給能力を備える、一般的なパワートランジスターの2倍近いサイズの大型バイポーラLAPT素子を採用。パワーアンプモジュールには、バイポーラLAPT素子を5パラレル・プッシュプルとした3段ダーリントン構成を採用。バイポーラ素子の優れた高域特性を素直に引き出すため、部品点数やパラレル数を極力減らしたシンプルな増幅回路とし、高音質化を徹底している

S-02では電流変動の大きいドライブ段(電流増幅段)の影響を一切受けないよう、入力段から微弱な信号を受ける電圧増幅段(ドライブ段の前段)は、専用のトロイダル電源トランスと電源回路を装備している


S-02の背面端子部。入力は、XLRとRCAを各1系統装備。スピーカー端子は、ドイツWBT社製を採用して太めのスピーカーケーブルにも対応している

旧モデルとの比較試聴も含めた音質レポート

前のページ 1 2 次のページ

関連記事