オプトマDLPプロジェクターで実現する大画面ライフを折原一也が紹介!

発見!オプトマDLPプロジェクターのある生活

折原一也

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

2016年01月08日

※本記事は、2018年7月6日に最新機種の情報を追加・更新しています。

■リビングを映画館にする


家族の集まるリビング−−普段は薄型テレビでテレビ放送を観ている日常の空間も、スクリーンとプロジェクターを導入すればリビングシアターへと早変わり。自分だけの専用ホームシアター空間も勿論良いが、家族で時間と空間を共有できるリビングシアターなら、映画館のような迫力の映像を家族みんなで共有しながら楽しめる。

▼リビングシアターにオススメのプロジェクター

リビングにプロジェクターを導入する時のポイントは、やはり明るさだ。リビングは普段から生活している空間であり、専用室ほど完璧には照明を落とせないため、使用するプロジェクターは高輝度モデルを第一に選ぶのが良い。

オプトマの4K対応デバイスを搭載した最新プロジェクター「UHD60」であれば、3,000ルーメンもの高輝度表示ができるので、明るさの求められるリビングシアターにぴったりだ。「ダウンライトであれば普段通りにリビングの照明を付けたまま、スクリーンを下ろして大画面で映画を観る」…そんな手軽で生活スタイルを壊さないシアター体験が、UHD60なら実現できる。


UHD60/直販サイト価格303,510円(税抜)

UHD60の使用イメージ。専用室ではなく、照明を落としたリビングで使用できる
また、リビングにプロジェクターの設置スペースを確保することが難しい場合には、2Kモデルとなるがオプトマの短焦点プロジェクター「GT1080」を候補に考えたい。このGT1080の特徴は短焦点レンズを搭載していることで、なんと1.1mの投写距離で100インチもの大画面投写が可能だ。例えば、ソファーの前にテーブルを置いてスクリーンに向ければ、すぐに100インチの大画面シアターが実現できる。

GT1080/¥OPEN(予想実売価格120,000円前後)

GT1080の使用イメージ。1.1m距離から100インチ投写が行える

▼リビングシアターに必要なもの

リビングシアターを構築する場合、普段薄型テレビと接続して使っている機器を流用できることも心強いポイントだ。例えば、普段テレビ放送を録画しているBDレコーダーは、リビングシアターではそのまま映画再生用のBDプレーヤーへと早変わり。特に各社最新のレコーダーラインナップにはUltraHD Blu-rayに対応したモデルも登場しているので、画質にこだわるなら買い替えの際にはレコーダーもUltraHD Blu-ray対応の上位機種を選びたいところだ。

映画以外にも、カジュアルに国内外のドラマといった作品をたっぷり鑑賞するならネット放送の視聴方法も確認しておこう。特にお薦めしたいのが「Amazonビデオ」「Netflix」「Hulu」「dTV」といった映像配信サービスを据え置きデバイスで観るためのセットトップボックスで、「AppleTV」「FireTV」を使えば、映画や海外ドラマもレンタル不要、見放題の定額料金で観られる。今どきのホームシアターの活用度を高めるためにも、映画以外にもひと工夫あれば楽しいという訳だ。

このように少しの工夫で、普段家族の集まるリビング空間を、共に映画を楽しみ家族の絆を深める明るいシアター空間へと生まれ変わらせることができるのだ。

地デジ放送を大画面で観る

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

関連記事