新SOLID BASSを聴く

オーディオテクニカ「ATH-WS770/WS550」レビュー:重低音好きの求めるサウンドがここに具現化

折原一也

前のページ 1 2 次のページ

2015年11月02日

“SOLID BASS”らしいパワフルサウンドの「ATH-WS550」


ATH-WS550
今期ラインナップで入門機に位置づけられるのが「ATH-WS550」だ。そのスペックはATH-WS770と共通するところも多い。

ドライバーユニットは直径53mmの「ディープモーション・ドライバー」で、振動版の動きを正確にコントロールする「トップマウントPCB方式」を採用。ベントを採用するところは同じだが、3つのベントを搭載していたWS770に対し、WS550では1基のみとし、低域再生にターゲットを絞っている。エンクロージャーはリング状に成型したアルミニウム材をマウントする設計で、ドライバーからの共振を抑制している。

カラーバリエーションはブラックゴールド/ブラックレッド/ホワイトの3色を展開。今回試聴に使ったのはブラックゴールドだったが、筐体のゴージャスな仕上げの美しさと、ケーブルがゴールド(イエロー)/ブラックの2色という仕上げな点に好感を持った。

ハウジングは質感が高く、ブラックとゴールドのコンビはゴージャスな雰囲気。ケーブルも2色コンビとなっている

「ATH-WS550」のサウンドは、“SOLID BASS”が従来実現してきた音の直系。圧倒的な迫力のある低音志向だ。

Daft Punkの『Random Access Memories』を聴いても、その空気を振動させる唸るような重低音の再現性はこの価格帯でピカイチ。アタックよりも体に伝わるパワー感志向なため、大音量で聴けば音楽への没入感を高めてくれる。男性ボーカルの声は野太く鳴らすタイプで存在感があるし、空間のライブ感も抜群。宇多田ヒカルの『Automatic』は徹底的に低音を沈めてビートを力強く打ち出し、ボーカルの帯域は量感で聴かせる。J-POPでは大口径ユニットらしい余裕あるパワフルな鳴りっぷり。ロック調の楽曲で、特に男性ボーカルの曲を聴く人にオススメしたい。

ビートの刻みの強さの領域にまで踏み込んだ「ATH-WS770」と、迫力ある重低音を志向した「ATH-WS550」。重低音ヘッドホン好きの求める音を届ける、期待通りのモデルとなっている。

前のページ 1 2 次のページ

関連記事