録画番組ダビング済みHDDの換装を検証

HDD換装で容量アップ! QNAPのDTCP-IP対応NAS「HS-210-D」を使いこなす

折原一也

前のページ 1 2 3 次のページ

2015年06月10日
QNAPのDTCP-IP対応NAS「HS-210-D」の連続レポート第2回目は、本機の「HDDが換装できる」という特徴を徹底検証。録画番組を保存したHDDを交換して録画容量を増やし、HS-210-Dを最大限活用する用法を紹介していく。

■DTCP-IP対応「HS-210-D」で、録画番組を保存したHDDの換装を試す

QNAPのNAS「HS-210」は、その高信頼性・高安定性やDSD対応でオーディオ向けとして高い評価を得てきた。このHS-210がDTCP-IPに対応することでAV領域にまで活躍の場を広げたのが「HS-210-D」である。そして前回のレビューでは、DTCP-IP対応で可能となった、地上デジタル放送の録画番組を本機にアーカイブする機能を中心にレポートを実施。録画対応テレビやBDレコーダーの番組をHS-210-Dにバックアップして、さらにホームネットワーク経由で映像を各機器に配信して楽しむ方法を紹介した。

DTCP-IP対応に対応したQNAPのNAS「HS-210-D」(実売44,800円前後・右) 「TS-420-D」(実売67,800円前後・左)。今回はHS-210-Dをメインに録画番組を保存したHDDの換装を検証した

HS-210-Dの最大の特徴はDTCP-IP対応であるが、もちろんDTCP-IP対応NASは各社から発売されている。ではHS-210-Dのどのような点が他社のDTCP-IP対応NASに勝っているのかと言えば、まずオーディオ用としての高い完成度とDTCP-IPによるAV機能を1つの製品に収めていることが挙げられる。さらにオーディオ用途で広く支持されている安定性や静音性の高さが、そのままAVでの使用でも活きてくる。

そしてHS-210-Dのもうひとつの長所が、DTCP-IP対応NASでありながら、ハードディスクの換装に対応した2ベイ・モデルという点である。ユーザーの手でHDDを換装して、録画領域を交換・増設することができるのである。つまりHS-210-Dを1台使う場合、録画番組で容量がいっぱいになったら、HDDの買い換えるだけで容量を増やすことができるということである。これは4ベイ仕様のDTCP-IP対応NAS「TS-420-D」においても同様だ。

今回の検証の手順を図示したもの。RAID構成でHS-210-DにセットしDTCP-IPダビングを行った「セットA」を「セットB」に換装。「セットB」でもDTCP-IPダビングを行った後、最初の「セットA」を再び換装。最初にDTCP-IPダビングした番組が問題なく視聴できるか試した

一方で筆者の経験上、日本国内のデジタル放送の録画をホームネットワークで配信するための規格である「DTCP-IP」は、著作権保護を目的とした暗号化を行っていることもあり、ユーザーの手によるHDD差し替えは仕様的に実現可能なのだろうか…という疑問も正直抱いていた。

それならばと、今回は「HS-210-D」に対して、どのような条件でHDDを換装して正しく運用できるのか、2組の3.5インチHDDを用意して、実機でテストを行ってみた。

■まずは1セット目のHDDをセットアップしてDTCP-IPダビングを実行

HS-210-Dは基本的にHDDを内蔵しないベアボーンの状態で販売されている。前回と重複する点もあるが、換装の流れを明確にするためにも、まずはHS-210-Dに1組目のHDDを搭載してセットアップを行ってDTCP-IPを機能させるところから検証を開始した。

組み込み用と換装用で、ウエスタンデジタルのNAS用HDD「WD RED」を4基用意した

まずは2基のHDDを、「HS-210-D」の前面ベイからセットアップ

HS-210-DのHDD搭載、およびセットアップの手順は、以前に山之内正氏が詳しく紹介している(HS-210のセットアップの手順)と同様なので、詳細はこちらを参照してほしい。手順はシンプルだ。

HS-210-Dは2.5インチHDDにも対応しているが、今回は2TBの3.5インチHDD「WD RED」を用意した。まずはドライバーを用意してHDDを2基、HS-210-Dに取り付ける。「QNAP Qfinder」のソフトウェアを介してPC側からNASにアクセスして、画面の指示に従いファームウェアをインストール。管理画面にアクセスして「App Center」から「Twonky Server」のアプリを導入すれば、DTCP-IP対応機能も含めたセットアップ完了だ。

「QNAP Qfinder」でNASの設定画面にアクセスして、セットアップを完了する

「App Center」から「Twonky Server」を有効にする

なお「HS-210-D」は2ベイ仕様で2基のHDD搭載に対応しているが、2台搭載時のデフォルト設定は、2台のHDDに同一のデータを記録して信頼性を高める「RAID1」である。よって1ドライブとして認識される(2TB×2の搭載でも記録領域は2TBとなる)。しかし録画番組を保存したHDDを換装をすることを考えた場合、1台のHDDをそれぞれ単一で認識する「単一ドライブ」として設定しておいた方が都合が良い。なぜなら、2台のHDDでRAID1構成を組んだ場合、HDDの換装も2台1組で行う必要が出てきてしまうからだ。

しかし、よりハードルの高い「RAID1」による2台1組の換装が成功すれば、単一ドライブでも換装が可能なことが同時に確認できると考えた。よって今回はあえて、2台のHDDを1台として「RAID1」のままでセットアップをして検証を進めた。

DTCP-IPダビングしたHDDを換装して録画番組が認識できるか検証

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事