連載:藤岡誠のオーディオワンショット

【第6回】MCカートリッジ出力のバランス伝送・昇圧方式への誘い<3> 対応フォノケーブルを試聴

藤岡 誠

前のページ 1 2 3 次のページ

2015年01月30日
藤岡誠が、自身の推薦するオーディオ機器、関連アクセサリー、あるいはコンポーネントの組合せ。またある時は新技術や様々な話題など、毎回自由なテーマで原稿を進めていく本連載。MCカートリッジ出力のバランス伝送の第3回目となる今回は、対応製品を実際に試聴。その音質を比較していく。


それでは「MCカートリッジ出力のバランス伝送・昇圧(増幅)方式」を実行するために重要な役割を果たす3ジャンル、すなわち、いずれもバランス伝送対応の(1)フォノケーブル、(2)昇圧トランス、(3)フォノEQアンプ/プリアンプの3ジャンルについて、順を追って簡単な紹介とそれぞれのお薦め製品を挙げていこう。

今回はバランス伝送対応フォノケーブルである。この種のケーブルは導線自体がMC型カートリッジの発電コイルの“延長線”そのものであり、ダイナミック型マイクの場合も同様だが、決して侮ってはいけない。事実、ケーブルの導体、構造などによって音質・音調が微妙に、状況によっては大きく変化するからピュアオーディオにおいては特に留意する必要がある。

■バランス伝送対応フォノケーブル

バランス伝送対応フォノケーブルは、現用しているアナログプレーヤーシステムのアームからの出力方式に対応して選択することになる。周知の通り、実際のプレーヤーの出力方式は各種各様だが、ここでは典型的な二つのパターンを挙げ、それらに対応するフォノケーブルを紹介し、お薦めすることにしよう。

ひとつは、高級プレーヤーシステムや各自が好みに応じてアッセンブルしたプレーヤーシステムに多く採用されているアーム交換が可能なタイプである。この種のプレーヤーに使われるアームは、ほとんどが軸受けの底部(其部)に装備される「5PIN-DIN規格」の着脱機構によってフォノケーブルの交換ができるようになっている。

例えば、最近話題のラックスマンの「PD-171A」もその一つである。これに付属しているフォノケーブルは、ケーブルのアーム側に5PIN-DINコネクターが装着され、出力側にRCAプラグが装着された「5PIN-DIN→RCAタイプ」が標準装備されている。この種のプレーヤーをバランス伝送化するのは簡単だ。付属している5PIN-DIN→RCAタイプに変えて、アーム側が5PIN-DINコネクター、出力側にXLRコネクターを装備した「5PIN-DIN→XLRタイプ」のケーブルに差し替えるだけでOKである。

LUXMAN「PD-171A」

この5PIN-DIN→XLRタイプはバランス伝送対応フォノケーブルの基本であり、MCカートリッジの出力がシンプルにバランス伝送される。また、異なったメーカー/ブランドの5PIN-DIN→XLRタイプと交換することによって音質・音調の変化を楽しむことができる。その変化量はかなり大きい。実際の5PIN-DIN→XLRタイプは、オーディオケーブル専門メーカーばかりではなく、バランス伝送対応機器メーカーからも発売されている。

もうひとつは、デノンの「DP-1300MK2」や「DP-500M」のように、アームの出力(カートリッジの出力)がケース背面に固定装備されたRCA端子(メス)に接続されている場合だ。この種のプレーヤーには、「RCA→XLRタイプ」のフォノケーブルを使用すればいい。つまり、ケーブルの両端にRCAプラグとXLRコネクターが装着されたタイプである。

こうしたバランス伝送対応フォノケーブルは、現時点では製品数において欧米勢が強力だが、最近になってSAEC(サエク)が来月に発売予定しており、アコースティックリバイブ他にも動きが見受けられるから楽しみである。

藤岡誠がお薦めのバランス伝送対応フォノケーブルを試聴

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事