<山本敦のAV進化論 第30回>

「スマホでハイレゾ」の実力とは? ドコモの “ハイレゾ対応” スマホ一斉比較テスト

山本 敦

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ

2014年11月06日

ウォークマン譲りの高音質と洗練されたUI
ソニーモバイル「Xperia Z3

ソニーモバイル「Xperia Z3」

■音まわりのプロフィール

ソニーモバイルのフラグシップ端末。今年の春に発売された「Z2」からUSB経由で外部DAC搭載機器のハイレゾ出力に対応しているが、本機からはヘッドホン端子からのハイレゾ出力も可能になった。再生できるファイル形式には従来からのFLAC/WAVに、ALACも加わった。アップルロスレスでライブラリを作ってきた人にとっては、そのままファイルをSDカードにコピーしてXperiaでも聴けるようになった。

側面にmicroSDカードスロットを搭載。蓋を開ければすぐにカードの出し入れができる

本体側面のかなりコーナー寄りにイヤホン端子がある。スマホ本体が薄型なので、ヘッドホンやイヤホンはプラグの小さなものを選びたい

ハイレゾ再生はUSB出力時が192kHz/24bit、ヘッドホン側は96kHz/24bitまで。2.8MHz DSDのDSF/DSDIFFファイルをPCM変換で再生できる点も、ほかのスマホに無いアドバンテージ。内蔵メモリーは32GBで、最大128GBまでのmicroSDカードが使える。

USB出力からは192kHz/24bitのハイレゾ再生が可能。USB-DAC内蔵アンプにつないで聴いてみた

ハイレゾ再生は基本的にプリインストールされている「Walkman」アプリを使う。ドコモ端末には純正の「メディアプレーヤー」がプリインされていて、こちらのアプリでもハイレゾ再生は可能。実際に聴いてみると音質は変わらないようだが、UIの使いやすさは圧倒的に「Walkman」アプリが優れている。

「Walkman」アプリの再生画面。カバーアートの「HR」アイコンがハイレゾであることの印。カバーアートの左右スワイプで曲送りができる

ライブラリーの楽曲リスト。下側にミニコントローラーが表示される

ハイレゾ対応ウォークマンに馴染みのあるユーザーなら既にご存知であろう、ソニーおすすめの高音質モードが一発で設定できる「ClearAudio+」を搭載。本機ではハイレゾ出力時にも効果が得られる。「Walkman」アプリのメニュー設定だけでなく、端末の「音」設定からもClearAudio+のON/OFFが選べ、音楽再生だけでなくゲームやYouTubeなどでも効果を発揮する。

本体のオーディオ設定からClearAudio+の効果が選べる。USBからのハイレゾ出力時には「ハイレゾオーディオ(USB)」にチェックを入れる。各種サウンドエフェクトは無効になる仕組みだ

再生画面右上の「…」アイコンが設定メニューになっている。ClearAudioプラスは楽曲の再生中にON/OFFを切り替えて効果が確かめられる仕様だ

リッピングしたCDや圧縮音源について、最大192kHz/24bitのハイレゾ相当の音質に強化する「DSEE HX」が搭載されたことも、Z2から進化したポイントだ。ハイレゾ以外の魅力で本機を購入したユーザーに対して、ハイレゾへのステップアップを意識させる機能として重要な意味を持っている。ボーカルやピアノなどの高域がより滑らかになり、実体感が増してくる。ハイハットやシンバルの音色も余韻の階調がさらにきめ細かく聴こえる。

ほかにも本体とは別売になるが、イヤホン「MDR-NC31EM」との組み合わせによるデジタルノイズキャンセリング機能もZ2から継承。ただ、ノイキャン利用時にはイヤホンがハイレゾ対応ではないので、場面で割り切ってノイキャンの利便性を享受する使い方になる。ハイレゾ周りの便利な機能としては、レーベルゲートが提供する「mora」アプリを使って、サイトからハイレゾ作品を直接ダウンロード購入することもできる。

Xperia Z3のハイレゾ音質は?

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ