パナ、東芝、ソニーの動向をわかりやすく解説

4Kテレビはいよいよ買い時? 小型化/高画質化で魅力増す'14年モデルのトレンドまとめ

安蔵 靖志

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2014年05月13日
■【東芝】4K高画質とタイムシフト機能が強み

東芝が2014年4月14日に発表した「REGZA」は、地デジ6チャンネルを常時録画する「タイムシフトマシン」機能を搭載する「Z9X」シリーズと、非搭載の「J9X」シリーズをラインナップ。84V型モデルの「84Z9X」を除くZ9Xシリーズ3モデルとJ9Xシリーズに直下型LEDバックライトを搭載しており、Z9Xシリーズ3モデルは部分駆動にも対応している(84Z9Xは部分駆動対応のエッジ型LEDバックライト搭載)。

84Z9X

58Z9X


40J9X

●エッジ型LED、タイムシフトマシン搭載「REGZA Z9Xシリーズ」
84Z9X(84V型)…7月中旬発売、希望小売価格180万円(税抜き)

●直下型LED、タイムシフトマシン搭載「REGZA Z9Xシリーズ」
65Z9X(65V型)…5月中旬発売、63万円前後
58Z9X(58V型)…4月下旬発売、43万円前後
50Z9X(50V型)…4月下旬発売、32万円前後

●直下型LED搭載スタンダードモデル「REGZA J9Xシリーズ」
40J9X(40V型)…7月中旬発売、23万円前後

REGZAシリーズの強みは、高画質化をさらに推し進めたのはもちろんだが、やはりテレビ放送を徹底的に楽しめる「タイムシフトマシン」機能(Z9Xシリーズに搭載。別売のHDDを接続することで利用可能)にあるだろう。タイムシフトマシンのUI(ユーザーインターフェース)も4K化し、さらに精細感がアップした。現行のテレビ放送やフルHDのBDコンテンツを超解像化して徹底的に楽しめるというのが、REGZAシリーズの最大のコンセプトと言える。

40V型モデルの「40J9X」もゲームユーザーなどのパーソナル向けに注目のモデルだ。REGZAシリーズは元々「低遅延」(映像信号の入力から画面出力までの遅延時間が短いこと)を強みにした「ゲームモード」を搭載しており、ゲームファンに人気だった。パソコンの4K出力対応のゲームを大画面で楽しみたいという人にお薦めのモデルだ。

■【ソニー】高画質訴求と高画質&高音質訴求をうまくバランス

ソニーが2014年4月15日に発表したBRAVIAシリーズは、部分駆動対応の直下型LEDバックライト搭載の最高画質モデル「X9500B」シリーズのほか、2013年モデルで好評だったサイドスピーカー搭載モデルをブラッシュアップした「X9200B」シリーズ、スタンダードモデルの「X8500B」シリーズをラインナップする。

X9200Bシリーズ

9500Bシリーズ


X8500Bシリーズ

●直下型LED搭載の最高画質モデル「BRAVIA X9500Bシリーズ」
KD-85X9500B(85V型)…7月26日発売、200万円前後
KD-65X9500B(65V型)…5月24日発売、80万円前後

●エッジ型LED、サイドスピーカー搭載「BRAVIA X9200Bシリーズ」
KD-65X9200B(65V型)…5月24日発売、65万円前後
KD-55X9200B(55V型)…5月24日発売、45万円前後

●エッジ型LED、スタンダードモデル「BRAVIA X8500Bシリーズ」
KD-70X8500B(70V型)…6月28日発売、65万円前後
KD-65X8500B(65V型)…5月24日発売、56万円前後
KD-55X8500B(55V型)…5月24日発売、36万円前後
KD-49X8500B(49V型)…5月24日発売、32万円前後

BRAVIAシリーズは2013年の4Kテレビの金額シェアで約7割と、圧倒的勝利を収めたという。その立役者になったのが、両サイドにスピーカーを配置する“温故知新”的なスタイルの「X9200A」シリーズ(最新「X9200Bシリーズ」の前身)だ。高画質だけでなく高音質も追求し、画面の両サイドに比較的大型のスピーカーを搭載するというのが、10年ほど前の上位モデルでは多かった。そういったテレビを所有しているユーザーが、買い替え時に同じようなスタイルのモデルを選んだ…というのも、ヒットの要因になっているのだろう。

ただしX9200Aシリーズが最上位モデルだった昨年は、オーディオビジュアルファンから「スピーカーは不要」「直下型バックライトの高画質モデルが欲しい」という要望があったという。徹底的に高画質を求める人にはX9500Bシリーズ、画質と音質、デザインのバランスが取れたモデルが欲しい人にはX9200Bシリーズ、よりリーズナブルな4Kテレビが欲しい人にはX8500Bシリーズと、全方位で攻めているのが14年春モデルの4K BRAVIAシリーズと言える。

トレンドはさらなる「小型化」と「高画質化」

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事