Siriで楽曲再生のコントロールも

【レビュー】これだけ違う「iPhone 4」と「iPhone 4S」 − AV機能重視ならソフトバンクがおすすめ

海上 忍

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2011年10月17日

■キャリア別に2種類の通信方式がストリーミング配信にも影響

iPhoneは、今回の4Sからソフトバンクモバイルにくわえ、au/KDDIで取り扱いが始まった。

競争原理が働くという点では歓迎されるべきで、通話料金やパケット料金などの点で消費者にはプラスに作用することが期待されるが、「どちらの携帯電話会社を選ぶか決めた時点でiPhone 4Sの使い勝手が変わる」点は理解しておくべきだ。

ここ日本の3G回線には、NTTドコモとソフトバンクモバイルが採用する「W-CDMA」と、au/KDDIの「CDMA2000」という2種類の通信方式が存在する。

結論からいうと、W-CDMAのほうがiPhone、正確にはiOSに適している。

その理由は、CDMA2000が「電話とインターネットに同時接続できない」ことだ。

たとえば、IPサイマルラジオ放送受信用アプリ「radiko」を利用中に電話やSMSの着信があると、ストリームが切断されてしまう。

『radiko.jp』を3G回線で聴いているとき着信があると、au版ではストリーミングが中断されてしまう

同時に複数のセッション(マルチセッション)を保てるW-CDMAでは、このような問題は発生しない。

ストリーミング再生中の電話、音はどうなる?

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連リンク

関連記事