“最大20Mbps"AVC映像の実力は?

本日スタート「アクトビラ ビデオ ダウンロード」の画質、使い勝手を速攻チェック

折原一也

前のページ 1 2 次のページ

2008年12月19日
●「アクトビラ ビデオ ダウンロード」が本日スタート

テレビ向けの映像配信サービス「アクトビラ」上で、ツタヤオンラインの提供する映像配信サービス「TSUTAYA TV」で、本日より「アクトビラビデオ ダウンロード型サービス」が開始された。

「アクトビラビデオ ダウンロード型サービス」は、映像配信サーバーから家庭内AV機器のHDDにコンテンツをダウンロードすることができる、いま話題の新サービスだ。

従来のアクトビラによる映像配信は、再生時にリアルタイムでサーバーから映像を受信し、再生するストリーミング型の方式で、MPEG-4 AVC/H.264映像を最大8Mbps/CBRで圧縮していたのに対して、新サービスではMPEG-4 AVC/H.264であることは同じだが、ビット配分はVBRとなり、ビットレートも10〜最大20Mbpsに拡大。平均10Mbps程度と、画質を向上させている。さらに外部のメディアに映像を最大2回までバックアップできる「エクスポート」にも対応する。

今回は新サービスの速攻レビューとして、薄型テレビで唯一「アクトビラ ビデオ ダウンロード型サービス」に対応した日立のWooo UT770シリーズを使い、サービスを体験してみた。

テスト環境には日立の超薄型液晶テレビ「UT47-XP770」を使用。「アクトビラ ビデオ ダウンロード」に対応した唯一の薄型テレビだ

●「セルスルー」で作品の購入に挑戦

新サービスの「アクトビラビデオ ダウンロード型サービス」は、「アクトビラ」のサービスのうち「TSUTAYA TV」のみで開始されている。

アクトビラのトップページ。UT770では「Woooネット」からアクセスする


TSUTAYA TVのトップページに移動。19日のダウンロード開始でリニューアルの告知ページを表示していた


「TSUTAYA TVのトップページに到達

さて、実際に「TSUTAYA TV」にアクセスしてみても一見大きな変化はない。しかし、作品個別のページにアクセスすると、従来の「動画視聴はこちら」というボタンに代わり、「ストリーミングレンタル」「ダウンロードレンタル」「セルスルー」と3タイプの視聴方法を選べるようになっている。

このうち後者2つが「アクトビラビデオ ダウンロード型サービス」で新たに登場したもので、「ダウンロードレンタル」は文字通り従来の視聴方法をダウンロード型にしたもの、「セルスルー」はコンテンツをダウンロード購入し、視聴とエクスポートも行えるというものだ。

今回は「セルスルー」で作品を購入してみよう。

「動画を見る」で作品のページへとアクセスする。提供されている作品は数多いが、今回はオススメの「LOST シーズン3 エピソード1」を選択した


作品個別のページには、「ダウンロードレンタル」「セルスルー」の選択肢が追加されている。海外ドラマの1話はレンタル無料の作品が多いが、今回はエクスポートのため「セルスルー」で購入してみる


海外ドラマ作品はシリーズ別にまとまっている。単発エピソードを購入するため「エピソード1」を選択する


「LOST シーズン3 エピソード1」の購入手続きに進んでみる。43分14秒で3.2GBとある。左下のエクスポート可能メディアにはBD、DVD、iVDR-Sのアイコンが並ぶ


更に「購入手続きへ」を選択して進むと認証ページへと進む。初回に会員登録してクレジットカードを登録すれば暗唱番号入力のみだ


決済の確認画面を表示して「購入を実行する」を選択する


これで購入手続きは完了。ストリーミングでは購入後はこのまま視聴画面に移ったが、ウンロード型サービスではHDDへのダウンロード開始してGUI操作を一端終えることになる

いよいよ購入したコンテンツを再生。その画質は?

前のページ 1 2 次のページ

関連リンク