駐車録画対応電源ケーブル同梱の「DRV-MR575C」も

ケンウッド、高感度センサー搭載の2カメラドラレコ「DRV-MR570」。個別の明るさ調整機能なども

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:杉山康介
2022年01月12日
JVCケンウッドは、ケンウッドブランドの前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR570」と、同製品に駐車録画対応電源ケーブルを同梱した「DRV-MR575C」を1月下旬より発売する。価格はオープンだが、DRV-MR570は税込30,800円前後、DRV-MR575Cは税込31,900円前後での実売が予想される。

DRV-MR570

同社によると、現在のドライブレコーダー市場では2カメラタイプが主流で、かつユーザーは高い映像性能を重視するという。このニーズに応えるべく、前後2カメラに高感度CMOSセンサー「STARVIS」を搭載すると同時に、独自の映像技術によるチューニングを施すことで総合的に画質を向上。夜間やトンネルなどの暗いシーンでも鮮明で高画質な録画が可能だという。

また、両カメラで個別に調整できる7段階の「明るさ調整機能」も搭載。リアガラスがスモークガラスの場合でも、リアカメラだけその透過率にあわせた明るさ調整を行い、鮮明な録画が可能だとする。

両カメラとも水平:約131°/垂直:約68°/対角:約163°の広視野角、およびF1.8の明るいレンズを採用し、フルハイビジョン録画に対応。「HDR機能」により、トンネル出入り口などの明暗差が大きなシーンでも安定した録画を実現するとのこと。

リアカメラには、後方車両の急接近を検知して運転者に危険を知らせる「後方急接近警告」を搭載。また本体底面には「緊急イチ押し録画ボタン」を備えており、万が一のときには押すだけで手動録画をスタートできる。これらの録画データは、常時の録画データで書き換えがされないイベント記録専用フォルダに自動保存される。

底面には万が一のときに押しやすい大きな「緊急イチ押し録画ボタン」を装備

長時間モードでは最長42時間の録画が可能なほか、駐車録画対応電源ケーブルを使用することで最長24時間の駐車録画が可能。なお、DRV-MR570で駐車録画を行うには別売の車載電源ケーブル「CA-DR100」が必要。この電源ケーブルを同梱させたのが「DRV-MR575C」となる。

ほか、前方衝突警告や発進遅れ警告などの「運転支援機能」や、SDカードのエラーを未然に防ぐ独自の「SDカードメンテナンスフリー機能」などを搭載。製品には高耐久で信頼性が高いという3D NAND型32GB microSDカードが付属する。

駐車録画用のケーブルを同梱した「DRV-MR575C」も発売される

関連記事