HOME > ニュース > ライカの初スマートフォン「Leitz Phone 1」。1インチセンサー搭載、ソフトバンクが独占販売

シャープが製造

ライカの初スマートフォン「Leitz Phone 1」。1インチセンサー搭載、ソフトバンクが独占販売

2021/06/17 編集部:平山洸太
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソフトバンクは、独のカメラメーカーライカが全面監修した5Gスマートフォン「Leitz Phone 1」を2021年7月以降に独占販売する。予約は6月18日から開始する。

「Leitz Phone 1」

ライカ初のスマートフォンとして、1インチの高性能イメージセンサーを搭載するモデル。背面カメラは1基のみとなり、F1.9・焦点距離19mmの7枚構成レンズを採用する。有効画素数は約2,020万画素。最大6倍のデジタルズームにも対応するほか、RAW形式の保存、モノクロ写真を撮影できる「Leitz Looks」モードを備える。

ディスプレイや約6.6インチで、解像度はWUXGA+(2,730×1,260ドット)。最大240Hz駆動のPro IGZO OLEDディスプレーを採用することで、忠実な色彩再現を図った。チップセットはSnapdragon 888 5Gとなり、RAMは12GB、ストレージは256GB。

本体カラーにはライカシルバーを採用する。デザインについては、独のミュンヘンにある、ライカのデザインスタジオが制作。マットブラックの背面は強化ガラスで仕上げられ、3Dのライカロゴが埋め込まれている。また、ロゴ入りのマグネット式レンズキャップや、専用ケースも付属する。

レンズキャップやケースが付属

製造はシャープ。ほか、IPX5、IPX8/IP6Xの防水・防塵に対応する。バッテリーは5,000mAhで、OSはAndroid 11。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE