京セラが製造パートナーに

バルミューダが5Gスマホ開発に参入。2021年11月以降を目処にソフトバンク/SIMフリーで展開

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2021年05月13日
家電メーカーのバルミューダ(株)は、新たな製品カテゴリーである携帯端末事業への参入を決定、2021年11月以降を目処に5Gスマートフォンを開発/販売することを発表した。

同社は自社工場を保有しないファブレスメーカーであるため、事業の開始にあたっては京セラ(株)を製造パートナーとする。また、国内通信事業者としてはソフトバンク独占取り扱いとなり、また別途SIMフリーモデルの販売も予定しているとのこと。

本件について同社では、「これまで家電事業において培った経験と実績を基に、コモディティ化が進んでいる携帯端末市場においても、バルミューダならではの新たな体験や驚きを提案していきたい」とコメントしている。

関連記事