細かなブラッシュアップも多数

iPadOS 14.3が無償提供開始。AirPods MaxやApple Fitness+に対応

  • Twitter
  • FaceBook
PHILE WEB編集部
2020年12月15日
アップルは、iPad向けのOS「iPadOS 14.3」を公開した。

iPadOS 14.3では、ヘッドホン「AirPods Max」に対応。AirPods MaxのアダプティブEQ、アダプティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード、空間オーディオなどに対応する。

またApple ProRAWの写真を「写真」アプリで編集できるようになったほか、25fpsでビデオを撮影するためのオプションも用意された。さらにiPad Pro(第1世代および第2世代)、iPad(第5世代以降)、iPad mini 4、iPad Air 2で静止画を撮影する際、前面カメラを左右反転可能になった。

そのほか、TV Appでは検索機能を強化したほか、App Clipをコードから起動可能になった。ヘルスケアアプリでは妊娠、授乳、または避妊方法の使用を指定できるようになり、生理や妊娠可能期間の予測をより的確に管理可能になった。

さらに「天気」「マップ」、Siriで空気質のデータを中国本土で利用可能になったほか、米国、イギリス、ドイツ、インド、メキシコで特定の空気質レベルになったとき、健康上の推奨事項をSiriで提供するようになった。

また大きなアップデートとして、アップル独自のワークアウトサービス「Apple Fitness+」にも対応し、欧米6カ国でサービスを利用可能になった。

以下のバグ修正も行われている。

・一部の“メッセージ”の通知を受信できないことがある問題
・Appのフォルダを開けないことがある問題
・Spotlightの検索結果や、SpotlightからのAppの起動が正しく動作しないことがある問題
・メッセージの作成中に連絡先グループのメンバーが表示されなかった問題
・“設定”でBluetoothが利用できない場合がある問題
・WACプロトコルを使用するワイヤレスアクセサリおよび周辺機器の設定を完了できないことがある問題
・VoiceOverの使用中にリマインダーでリストを追加すると、キーボードが閉じてしまう問題

関連リンク

関連記事