接触通知機能をOSレベルで実装

iOS 13.7提供開始。新型コロナの接触通知機能を強化

編集部:風間雄介
2020年09月02日
アップルは、iOS 13.7を提供開始した。新しいミー文字ステッカーを加えたほか、“ファイル” アプリでiCloud Driveのフォルダ共有機能を導入した。また、バグ修正と改善も含まれている。なお、iPad向けのiPadOS 13.7もあわせて提供開始されている。

さらにiOS 13.7では「COVID-19 Exposure Notification Expressプラットフォーム」も導入。新型コロナウィルスによる感染症(COVID-19)発症者と接触したことを通知する機能を、OSレベルで提供している。これにより、利用者がアプリをダウンロードすることなく、これらの通知機能を利用可能になる。

この「COVID-19 Exposure Notification Expressプラットフォーム」はGoogleと共同開発したもので、iOSだけでなくAndroidでも、拡張された同プラットフォームを利用できる。

関連リンク

関連記事