接続するだけで手軽に地デジ番組を視聴

ピクセラ、USB/Lightning接続の地デジチューナー新モデル「XIT-STK110/XIT-STK210」

編集部:成藤 正宣
2020年10月15日
ピクセラは、TVチューナー“Xit Stick”(サイトスティック)の新モデルとして、USB接続タイプ「XIT-STK110(XIT-STK110-EC/XIT-STK110-LM)」を10月23日から、Lightning接続タイプ「XIT-STK210(XIT-STK210-EC)」を11月27日から発売する。

●「XIT-STK110」:9,980円(税込)
※XIT-STK110-EC/XIT-STK110-LMは通販向けモデル名
●「XIT-STK210」:12,980円(税込)
※XIT-ST210-ECは通販向けモデル名

「XIT-STK110」

「XIT-STK210」

XIT-STK110は、2018年に発売した「XIT-STK100」の後継モデルとなるUSBメモリ型地デジチューナー。Windows 8.1以降/macOS 10.12以降に対応する。

電波の状況に応じてフルセグ/ワンセグが自動的に切り替わり、途切れることなく視聴できるほか、付属の変換ケーブルを介してアンテナ線を接続し、より安定した受信を行うこともできる。

専用の視聴アプリ「Xit」は、サムネイル付きの見やすい番組リストや視聴者数をリアルタイムで表示する「視聴ランキング」を採用。視聴中にUI上のボタンをクリックするだけですぐ録画を開始する便利な「すぐ録」機能も搭載する。

視聴アプリ「Xit」の画面例

外形寸法は約22.1W×10.8H×73.9Dmm、質量約18g。

XIT-STK210は、2018年に発売した「XIT-STK200」の後継モデルとなるLightning接続対応の地デジチューナー。OSはiOS 12以降/iPad OS 13以降に対応、端末は iPhone 5s以降のiPhone/第7世代以降のiPod touch/第5世代以降のiPadに対応。なお、USB Type-C採用端末はサポートしていない。また、現時点では「iPhone12」シリーズへの対応は未確認となっている。

XIT-STK110同様に専用視聴アプリ「Xit」が用意されており、視聴ランキングやすぐ録機能が利用可能。また、テレビを視聴しながらインターネットも閲覧できる「ながら見」にも対応している。

iOSアプリ「Xit」では、テレビ画面とWebを同時に表示する「ながら見」もサポート

外形寸法は約47.8W×9.1H×31Dmm、質量約15g。

関連記事