「スマホベーシックプランM/R」対象

ワイモバイル、7/1からデータ容量増、使い切っても通信速度は最大1Mbpsに。一部料金プラン改定

編集部:平山洸太
2020年06月01日
ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は、ワイモバイルのスマートフォン向け料金プラン「スマホベーシックプランM/R」を7月1日に改定する。

これまで提供していた「スマホベーシックプランM/R」において、月間の高速データ通信容量を使い切った場合の通信速度が最大128kbpsから最大1Mbpsに変更となる。なおスマホベーシック プランSについては、従来の最大128kbpsを維持する。

また、プランMにおいて月間の高速データ通信容量が9GBから10GBへと増量。改定の形となるため、すでに同プランを利用しているユーザーにも適用される。料金については据え置きで、プランMの基本使用料が3,680円、プランRの基本使用料が4,680円。

キャリアのサブブランドとして競合のUQ mobileが、データを使い切っても最大1Mbpsの「スマホプランR」(データ容量10GB/月額2,980円)を打ち出したこともあり、今回の改定はこれに対抗したものとみられる。

関連記事