5G基地局の工事設計や施工管理に関する業務

ソフトバンクとKDDI、「5G JAPAN」設立。地方の5Gネットワーク早期整備を推進

編集部:押野 由宇
2020年04月01日
ソフトバンク株式会社とKDDI株式会社は、2019年7月の両社の合意に基づき、地方における第5世代移動通信システム(5G)のネットワークの早期整備を共同で推進するための合弁会社「株式会社5G JAPAN」を、本日4月1日に設立した。

5G JAPANでは、5Gネットワークの地方展開を加速するために、両社が保有する基地局資産を効率的に相互利用するインフラシェアリングを推進し、5G基地局の工事設計や施工管理に関する業務を行う。

ソフトバンクの「情報革命で人々を幸せに」と、KDDIの「お客さまの期待を超える感動をお届けすることにより、豊かなコミュニケーション社会の発展に貢献」の二つのビジョンの下、5Gネットワークを早期に整備。日本の産業育成や地方創生、国土強靭化に貢献することで国際競争力の向上を目指すとしている。

資本金は5億円で、ソフトバンクとKDDIがそれぞれ50%の株を保有する。

関連記事