Share機能でスマホとシームレスに連携も

ファーウェイ、画面占有率約87%の15.6インチノートPC「HUAWEI MateBook D 15」

編集部:川田菜月
2020年03月24日
ファーウェイ・ジャパンは、ノートPC “MateBookシリーズ” より、 15.6インチモデル「HUAWEI MateBook D 15」を4月10日から順次発売する。市場想定価格は、AMD Ryzen 5 3500U搭載モデルが69,800円前後、 AMD Ryzen 7 3700U搭載モデルが89,800円前後。なお Ryzen 7搭載モデルは5月中旬頃の発売予定。

「HUAWEI MateBook D 15」

ディスプレイは解像度1,920×1,080のIPSパネルを採用。ベゼル幅は約5.3mm、またカメラをキーボードに埋め込むことで、約87%の画面占有率を実現している。

プロセッサーはAMD Ryzen 5 3500U(2.1GHz/最大3.7GHz)またはAMD Ryzen 7 3700U(2.3GHz/最大4.0GHz)を搭載。Ryzen 5搭載モデルではグラフィックスがAMD Radeon Vega 8 Graphics、ストレージが256GB SSD。Ryzen 7搭載モデルはAMD Radeon RX Vega 10 Graphics、512GB SSDを採用する。メモリはいずれもDDR4 8GB、OSはWindows 10 Home。

HUAWEI Share機能により、NFCを経由してワンタップすることでEMUI10 以上搭載のスマートフォンとシームレスに連携、ノートパソコンの画面上にスマートフォンの画面を表示させることが可能。そのほか、スマートフォンとノートパソコン間の動画や画像ファイルを自由にドラッグ&ドロップしたり、 ノートパソコンのキーボードでスマートフォンのメッセージをタイピングすることもできる。

電源ボタンには指紋認証センサーを搭載。カメラは必要な時にキーを押すことで出現し、 必要のない場合は閉じておくこともできる。

Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/ac、2.4 GHz/5GHz、2x2MIMOに対応。Bluetoothはバージョン5.0で、Bluetooth 4.2、Bluetooth 2.1 + EDRとの互換性を持つ。端子類は本体左右に配置し、USB-A 3.0×1、USB-A 2.0×2、USB-C×1、HDMI×1、3.5 mmヘッドホンジャックを装備する。

バッテリー容量は約42Wh、連続約8.2時間の使用が可能。付属のACアダプターは急速充電対応で、30分で約53%の充電が可能。外形寸法は約357.8W×229.9H×16.9Dmm、質量は1.53kg。

関連記事