期間中の売上げは約10兆円に

アップル、20年度1Qは過去最高の売上げ、iPhone11やウェアラブル、サービスが牽引

編集部・風間雄介
2020年01月29日
アップルは、2019年12月28日に終了した、2020年度第1四半期の業績を発表した。

期間中の売上げは918億ドル(約10兆円)で、昨年同期比9%増となり、同社の四半期として過去最高を記録した。希薄化後の1株あたり利益も19%増となり、こちらも史上最高となった。

AppleのCEOであるティム・クックは、「iPhone 11およびiPhone 11 Proへの強い需要と、サービスおよびウェアラブルの記録的な売上げにより、四半期として最上最高の売上を報告できることに興奮している」とコメント。また昨年のホリデーシーズンに、同社製品のアクティブなインストールベースは15億を超えたことも明らかにした。

プロダクト別では、iPhoneの売上げが対前年比で伸張したほか、AirPodsなどが含まれるウェアラブル、ホーム&アクセサリー部門と、Apple Musicや各種サブスクリプションサービスを行っているサービス部門の売上げが大きく伸びた。一方でMacとiPadの売上げは減少した。

関連リンク

関連記事