RAMも4GBに。LTE/Wi-Fi用意

ファーウェイ、8型タブレット「MediaPad M5 lite」に64GBモデルを追加

編集部:川田菜月
2019年11月14日
ファーウェイ・ジャパンは、 8インチのAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad M5 lite」のメモリ増設モデル(RAM 4GB/ROM 64GB)を追加。LTEモデルを11月29日から30,800円(税抜)で、Wi-Fiモデルを12月20日から26,800円(税抜)で発売する。

「HUAWEI MediaPad M5 lite」にRAM 4GB/ROM 64GBメモリ増設モデル登場

「HUAWEI MediaPad M5 lite」は手頃な価格で音と映像にもこだわったという、同社Androidタブレットのミッドレンジモデル。1,920×1,200(WUXGA)で283ppiの、約8インチIPSディスプレイを搭載。狭額縁デザインにより、画面いっぱいに広がる映像を楽しめるとしている。

今回発表されたモデルでは、これまでRAM 3GB/ROM 32GBだった内部メモリを、RAM 4GB/ROM 64GBに増設。動画や音楽などをダウンロードして楽しむ方にも便利なモデルとしている。さらに持ち運びに便利なスタンド機能付きオリジナルカバーも同梱される。

LTE/Wi-Fiモデルを用意。いずれも筐体はメタルボディで、LTEモデルは従来と同じく本体カラーをスペースグレーとし、Wi-Fiモデルでは新たに高級感のあるシャンパンゴールドとした。

Wi-Fiモデルはシャンパンゴールドを採用

その他仕様は従来モデルと共通。Harman Kardonによるチューニングが施されたデュアルスピーカーを内蔵。デュアルパワーアンプ、 HUAWEI Histen5.0オーディオテクノロジーを組み合わせることで臨場感あるサウンドを実現する。ウェブサイトや、指定したアプリへのアクセス、使用時間の管理ができる「キッズモード」も搭載する。

CPUはHUAWEI Kirin 710オクタコア(2.2GHz×4/1.7GHz×4)、OSはAndroid 9+EMUI 9.0を搭載する。バッテリー容量は約5,100mAh、外部メモリは最大512GBまでのmicroSDカードに対応。

Bluetoothはver.4.2、Wi-Fiは8.2.11a/b/n/acに準拠。LTEモデルはnanoSIM対応、8台までのデザリング機能も搭載する。Micro-USB端子、3.5mmステレオヘッドホン出力/マイク入力共通ジャックを装備、外形寸法/質量はいずれも約122W×204.2H×8.2Dmm/約310gとなる。

関連記事