Harman Kardonチューニングのスピーカー搭載

ファーウェイ、約2.3万円の8インチタブレット「HUAWEI MediaPad M5 lite」

編集部:平山洸太
2019年05月14日
ファーウェイ・ジャパンは、約8インチのディスプレイを搭載したタブレット「HUAWEI MediaPad M5 lite」を5月17日に発売する。価格はWi-Fiモデルが22,880円(税抜)、LTEモデルが26,880円(税抜)。

「HUAWEI MediaPad M5 lite」

昨年発売された10インチモデル(関連ニュース)に、新たに8インチモデルがラインナップとして加わった。ディスプレイには1,980×1,200(WUXGA)で283ppiのIPSディスプレイを搭載。狭額縁デザインにより、映画が画面一杯に広がるとしている。筐体にはメタルユニボディを採用する。

スピーカーはHarman Kardonによるチューニングが行われた。デュアルスピーカー、デュアルパワーアンプ、HUAWEI Histen5.0オーディオテクノロジーを組み合わせることで、コンサートホールのような臨場感を生み出すという。マイクは4つ内蔵する。

Harman Kardonチューニングのデュアルスピーカーを搭載

CPUにはKirin 710を採用。2.2GHz×4、1.7GHz×4のオクタコアとなっている。またメモリーとして3GBのRAM、ストレージとして32GBのROMも搭載。microSDカードにより最大512GBまで容量を拡張することもできる。OSはAndroid 9.0で、EMUI 9.0も搭載する。

Kirin 710を採用

カメラではアウトカメラは約1,300万画素、インカメラは約800万画素。Bluetooth 4.2を搭載し、Wi-Fiは802.11 a/b/g/n/acに対応する。位置測位方式ではGPS、Glonass、BDS、A-GPS(LTEモデルのみ)に対応しており、加速度センサー、顔認証センサーも搭載する。

キッズモードも用意。ウェブサイト、指定したアプリへのアクセス、使用時間の設定など、タブレット使用に関する管理が行える。セキュリティソフト「カスペルスキー」によるウイルス対策やWebフィルタリング機能にも対応する(90日間無料体験版)。

LTEモデルでは、下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsの通信が可能。通信方式ではFDD-LTEがバンド1/3/5/7/8/18/19/20/26、TDD-LTEではバンド40/41、W-CDMAではバンド1/2/5/6/8/19、GSMでは850/900/1800/1900MHzに対応する。

そのほか外形寸法は約122.2W×204.2H×8.2Dmmで、質量は約310g。バッテリー容量は約5,100mAhとなる。インターフェースとして、MicroUSBと3.5mmヘッドホン/マイク共用ジャックを搭載する。

関連記事