今後は5Gに経営資源集中

「iモード」と「FOMA」、2026年3月31日で終了。ドコモが発表

編集部:小澤麻実
2019年10月29日
NTTドコモは、第3世代移動通信方式(3G)「FOMA」と、3G対応端末向けインターネット/メールサービス「iモード」を2026年3月31日をもって終了すると発表した。4G普及による市場環境の変化に伴う契約数の減少や、5Gに経営資源を集中させることが理由としている。

iモードは今年9月30日に新規受付を終了しており、「FOMAデータプラン」「ユビキタスプラン」も2020年3月31日で新規受付を終了すると既に発表されていた。

なお、FOMAやiモードで提供している「iチャネル」「iコンシェル」など各サービスの終了時期については改めて発表するとのことだ。

「iモード」は1999年2月に、「FOMA」は2001年10月にサービスを開始。いまでは標準規格となった絵文字もiモードが発祥だった。

ドコモは「今後も、お客さま一人ひとりのライフスタイルに寄り添い、5G時代を見据えたさらなるサービスの充実をめざしてまいります」としている。

関連記事