駅間の路線すべてでデータ通信可能に

東京メトロ全線で主要4キャリアが利用可能に

ファイル・ウェブ編集部
2013年03月18日
東京地下鉄(東京メトロ)、およびNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、イー・アクセスの携帯電話事業者4社は、3月21日(木)より東京メトロ全線のトンネル内で携帯電話(3G回線)の利用が可能になると発表した。

今回、新たに利用可能となる路線や区間は、銀座線の浅草駅〜神田駅や、丸ノ内線の新宿御苑前駅〜新中野駅・中野新橋駅など。日比谷線や東西線の全区間などは、すでに携帯電話の利用が行える。

これにより東京メトロ駅構内に加え、駅間の列車内でも携帯電話によるインターネット接続および、Eメールの送受信が可能となる。

なお、連絡線の設置工事を行っている有楽町線・副都心線小竹向原駅〜千川駅間については、平成28年度中に携帯電話の利用が可能となる。

■新たに携帯電話が利用可能となる路線・区間
銀座線(浅草駅〜神田駅)
丸ノ内線(新宿御苑前駅〜新中野駅・中野新橋駅)
有楽町線(和光市駅〜小竹向原駅・千川駅〜要町駅)
南北線(目黒駅〜市ケ谷駅)

関連記事