文字起こし機能付きボイスレコーダーなど新機能多数

Google、純正スマホ「Pixel 4/4 XL」発表。レーダー技術活用のジェスチャー機能、高機能デュアルカメラなど搭載

編集部:成藤 正宣
2019年10月16日
米Googleは、日本時間の10月16日深夜に行われた新製品発表イベント「Made by Google」にて、同社純正Androidスマホ“Pixel” シリーズの最新モデル「Pixel 4」「Pixel 4 XL」を発表した。海外価格はPixel 4が799ドル、Pixel 4 XLが899ドル。カラーバリエーションはブラック/オレンジ/ホワイトの3色。

5.7型モデル「Pixel 4」、6.3型モデル「Pixel 4 XL」が発表された

Pixel 4は5.7型フルHD+、Pixel 4 XLは6.3型QHD+の有機ELディスプレイを搭載し、リフレッシュレートは90Hzと非常になめらかな表示を実現。プロセッサーにはクアルコム「Snapdragon 855」、RAMは6GB、ROMは64GBもしくは128GBを内蔵する。

カラーはブラック/オレンジ/ホワイトの3色

レーダー技術により実現した、独自のジェスチャー操作「Motion Sence」を搭載する。ディスプレイの前で手をかざす、手を振るなどの動作を行うだけで、音楽をスキップする、アラームを止めるなど任意の操作を呼び出すことが可能。なお、Pixel 4発売時にMotion Senceが利用できるのはアメリカ/欧州/カナダ/シンガポールなど一部地域に限られており、日本は発売後しばらくしてから対応するとのこと。

デュアルカメラ構成を採用し、プレビューの時点で反映されるようになったHDR、高精細の高倍率ズームなどが利用可能

両サイドを握って任意の機能を呼び出す「Active Edge」機能を引き続き搭載するほか、顔認証Googleアシスタントも従来より快適に動作するよう改良を加えているという。

メインカメラは1,600万画素と1,220万画素のデュアルレンズ構成。撮影後の写真だけでなく、ディスプレイに表示するプレビュー画面の段階でシャドウからハイライトまで豊かな階調を反映、確認できるようになった「HDR+」、光学/電子ズームを組み合わせ、精細さを維持したまま高倍率ズームを実現する「Super Rez Zoom」、機械学習に基づくホワイトバランス調整など、より一層の撮影機能充実を図っている。

その他、文字起こしや内容に応じた分類を全自動で行うボイスレコーダー機能(日本語の対応は不明)、セキュリティチップ「Titan M」、IP68等級の防塵防水なども搭載している。

SIMカードはnanoSIM/eSIMに対応。バッテリー容量はPixel 4が2,800mAh、Pixel 4 XLが3,700mAhで、急速充電、ワイヤレス充電Qiに対応している。

関連記事