詳細は今年後半発表か

Googleの次期スマホ「Pixel 4」には動作認識レーダーや進化した顔認識機能が搭載

編集部:小澤麻実
2019年07月30日
Googleは、今後発表予定のスマートフォン「Pixel 4」に実装される新機能について発表した。

まず「Motion Sense」について。ここ5年開発を続けていたモーション認識レーダー「Soli」をスマホ本体上部に搭載。Pixel 4はSoliを搭載した初のデバイスとなる予定だという。

手を振るだけで曲をスキップしたりといった操作が可能になるという

スマホ周りの小さな動きも感知し、独自のアルゴリズムと組み合わせることで、ジェスチャーを認識したり、接近を感知したりすることが可能。手を振るだけで曲をスキップしたり、アラームをスヌーズしたり、電話を切ったりすることができる。モーション感知機能はこれ以外にも機能を充実させていく予定とのこと。なおこれらの機能は限られた国での提供となる。

Pixel 4に搭載予定の動作認識/顔認識用のレーダーやカメラ

そして、「顔認識でのロック解除」機能。スマホを顔の正面に持っていきロック解除を待つ……といった現在の機能から進化したもので、Pixel 4に近づくだけでSoliがフェイスアンロックセンサーを起動。スマホを上下逆に持っていても認識&ロック解除可能だという。

なお、認識した顔データは端末に残さず、PixelのTitan Mセキュリティーチップに保存。Googleのサービス等に保存されたりシェアされたりすることもないという。

詳細については今年後半に明らかにされるもようだ。

関連リンク

関連記事