2019-2020年冬春モデル

ドコモ、「Xperia 5」を11月1日に発売。価格は約9万円

編集部:平山洸太
2019年10月11日
NTTドコモは、2019-2020年冬春のスマートフォン新モデルとして、ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia 5(SO-01M)」を11月1日に発売する。予約は10月11日正午から開始し、価格は機種変更/乗り換え(MNP)/新規のいずれも87,912円(税込/一括)。また「スマホおかえしプログラム」を利用する場合の負担額は58,608円(税込)。

「Xperia 5(SO-01M)」

「Xperia 5」は、今年9月のドイツ・ベルリン「IFA 2019」で発表された、フラグシップモデル「Xperia 1」に次ぐ “Xperia” 上位モデル。片手でも持ちやすい幅約68mmのボディに、映画とほぼ同じアスペクト比21:9のHDR対応/フルHD有機ELディスプレイを搭載。さらにソニーのテレビ“BRAVIA” の技術を活かした高画質エンジン「X1 for mobile」を組み合わせることで、引き込まれるような没入感と迫力、高画質でエンターテインメントコンテンツが楽しめるとしている。

メインカメラは標準/望遠/超広角のトリプルレンズ構成で、有効画素数は約1,220万画素。ソニーのデジタル一眼カメラ“αシリーズ” で培ったアルゴリズムを取り入れた画像処理エンジンや、人物の瞳にフォーカスを合わせ続ける「瞳AF」、光学式手ぶれ補正により美しい写真撮影が可能とする。さらに映画さながらの画作りや動画撮影、手軽なクリップ編集を行える「Cinema Pro」などの機能も搭載している。

OSはAndroid 9、CPUはクアルコム「Snapdragon 855」、RAMは6GB、ROMは64GBを搭載し、高グラフィックのゲームも軽快に動作。同時に、プレイ動画の録画やスクリーンショット撮影、メモリの開放などゲームを快適にする「ゲームエンハンサー」機能も備えた。

独自機能として、動画やゲームに合わせて本体を振動させ、コンテンツの臨場感を高める「ダイナミックバイブレーションシステム」、ディープラーニング技術を活用して通信接続の強度を予測し、不安定なWi-FiからLTEに自動的に切り替え最適な通信環境を保つ「スマートコネクティビティ」、PlayStation 4のゲームを宅内のどこからでも操作できる「PS4 リモートプレイ」も搭載。その他、ハイレゾ相当のデータ伝送が可能なBluetoothコーデックLDAC、おサイフケータイ、キャリアアグリゲーション、IPX5/8防水、IP6X防塵などにも対応する。

カラーバリエーションはブルー/グレイ/ブラック/レッドの4色。外形寸法は約68W×158H×8.2Dmm、質量は約164g。

関連リンク

関連記事