5G対応「Xperia」で実証実験

ソニー、5Gを用いたスポーツライブ映像の高画質リアルタイム伝送に成功。米通信会社Verizonと共同実験

編集部:川田菜月
2019年12月06日
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(株)とソニーモバイルコミュニケーションズ(株)は、米国大手通信事業者Verizon(ベライゾン)と共同で、米テレビ放送局NBC Sportsとともに、次世代通信規格5Gを用いたスポーツライブ映像の高画質なリアルタイム伝送に成功したと発表した。

4K対応ショルダーカムコーダー「PXW-Z450」で撮影、5G対応Xperiaを用いて5Gを通じた高画質リアルタイム伝送に成功した

現地時間12月1日にヒューストンNRG スタジアムで開催された、アメリカンフットボールの試合、ヒューストン・テキサンズ対ニューイングランド・ペイトリオッツの様子を、NBC Sportsのカメラマンがソニーの2/3型イメージセンサー搭載4K対応ショルダーカムコーダー「PXW-Z450」で撮影。

撮影中の映像を、ソニーが培ってきた映像信号のエンコーディングなどのノウハウをもとに制作したトランスミッター試作機を通じてエンコード。ネットワーク環境に適した形に制御しながら、ソニーモバイル製スマートフォン「Xperia」の5Gミリ波帯対応デバイスを通じてVerizonの5Gネットワーク「5G Ultra Wideband」に伝送し、スタジアム内編集室にストリーミング配信。リアルタイムに高画質な映像を伝送できたという。

本実証実験の成功により、5Gによるシステムの無線化によって、スポーツの試合を開催地問わず様々な場所から映像制作を行えるリモートプロダクションの実現や、位置やアングルの自由度の高いカメラセッティング、カメラシステムのセットアップにかかる時間やコストの削減など、スポーツライブ映像制作の可能性が広がったと説明。

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(株)プロフェッショナル・プロダクツ&ソリューション本部 メディアソリューション事業部門 部門長の喜多幹夫氏は、「Verizonとともに5Gの協業を成功させたことは大変喜ばしい。ソニーは、プロの映像制作の統合的なソリューションとモバイル通信技術を有する随一のメーカーであり、我々のスポーツライブ映像制作における共同の成果は、今後5Gの新たな可能性を切り開くと考えている」とコメント。

Verizon チーフプロダクトディベロップメントオフィサーのNicki Palmer(ニッキー・パーマー)氏は、「Verizonの5Gネットワークで、業界のスポーツ番組のライブ撮影・配信方法における進化を見せられたことはとても喜ばしい成果だ。超広帯域で低遅延の5Gネットワークにより高画質の映像を実質リアルタイムで伝送することで、現場ではケーブルなしでのカメラオペレーションが可能になると考えている」とした。

両社は今後も「5Gを用いてさらに柔軟なスポーツ映像制作のワークフローを追求していく」としている。

関連記事