スマホをポケットなどに入れたまま支払いを行う

ソニーとドコモ、キャッシュレス決済を“タッチレス”で行う実証実験

編集部:押野 由宇
2019年12月05日
NTTドコモとソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズは、スマートフォンをかざさなくても決済などを行える「おサイフケータイのタッチレス対応」の実用化に向けた実証実験を12月10日より開始する。

キャッシュレス決済をスマホをかざさず行う実証実験

高精度な測距技術の一つであるUWB(Ultra Wide Band)や従来からスマートフォンに搭載されているBluetoothなどの無線通信規格と、キャッシュレス決済等で利用されるソニーのFeliCa技術方式を組み合わせることにより、スマートフォンをポケットやかばんに入れたままで、キャッシュレス決済を可能にするというもの。

本実証実験では、今後普及が見込まれる高精度な測距技術の一つであるUWBを採用したAndroid端末を用意し、「キャッシュレス決済」「スマートフォンを使ったデジタルキーでの車の開錠/施錠」「デジタルサイネージからの広告・クーポン配信」という使用事例について、タッチレスでの利用を想定した実験環境を構築する。

システムイメージ

UWB導入においては、世界的な半導体メーカーであるNXPSemiconductorsの技術協力を得て行っている。今後、決済に留まらずおサイフケータイのタッチレス対応をさまざまな分野や業態で活用する実証実験を進め、パートナー企業を拡大し、将来の実用化と普及拡大を目指すとしている。

関連リンク

関連記事