児童書読み放題や保証のついたキッズモデルも

Amazon、「Fire HD 10」に性能向上の新モデル。処理能力30%アップ、USB-C採用など

編集部:成藤 正宣
2019年10月07日
Amazonは、同社タブレット端末の10.1型タイプ「Fire HD 10」の新モデルを、10月7日より受注開始する。価格は32GBモデルが15,980円、64GBモデルが19,980円(どちらも税込)。発送開始は10月30日を予定する。

新「Fire HD 10」

ブラック/ホワイト/ブルーの3色をラインナップ

2017年に発売した従来モデルから約2年ぶりのアップグレードとなる。主に基本性能の向上が図られており、CPUは1.8GHz+1.4GHzのクアッドコアから2.0GHz オクタコアとなって、処理速度が30%向上。その一方、バッテリー持ちは最大10時間から12時間へと延長されている。満充電までにかかる時間は、付属のUSBケーブルと9W充電器を使用する場合で4時間未満。

2年前の従来モデルから、処理性能がさらに30%向上。バッテリー持ちも向上し、USB端子はType-Cとなった

フロントカメラ/リアカメラはともに画素数2メガピクセルとなり、720pのHDビデオ録画が可能。microSDカードスロットは512GBまで対応となった。また、USB端子はType-C形状を採用している。本体のカラーバリエーションはブラック/ホワイト/ブルーの3色。

ブラック/ホワイト/ブルーの3色をラインナップ

その他の性能は従来から据え置きで、ディスプレイはIPSパネルを採用し、解像度は1,920×1,200、224ppi。Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/ac/n、Bluetoothにも対応。Amazon Alexaも搭載する。外形寸法は262W×159H×9.8Dmm、質量は約504g。

本体と同時に純正カバーも発売(4,780円/税込)。カラーバリエーションは、従来モデルのカバーにもラインナップされていたプラム/トワイライトブルー/チャコールブラック/サンドストーン/セージという5色がラインナップされる

また、今回のFire HD 10新モデルをベースにした子供向けモデル「Fire HD 10 キッズモデル」も同時発売する。こちらの価格は19,980円(税込)。

新「Fire HD 10」をベースにしたキッズモデルも同時発売となる

10.1型タイプでは初のキッズモデルで、これまでに発売された「Fire 7 キッズモデル」「Fire HD 8 キッズモデル」同様、耐久性に優れた保護カバーが付属しており、カラーバリエーションは従来のブルー/ピンクに加えてパープルが追加されている。

Fire 7、Fire HD 8/10の3サイズすべてにキッズモデルがそろった

ハードウェアは通常のFire HD 10(32GB)と同一だが、子ども用プロファイルが用意されている点が特徴。子ども用プロファイルでは、豊富なペアレンタルコントロール機能により、閲覧できるコンテンツの種類やFire HD 10を使える時間などを保護者が細かに設定できる。また、保護者のPCやスマートフォンなどからアクセスできる「ペアレント・ダッシュボード」からは、子どものタブレット利用状況の確認やFire HD 10のロックなどをリモート操作することができる。なお、子ども用プロファイルを解除すれば、通常のFire HD 10としても利用できる。

本体やウェブサービス「ペアレント・ダッシュボード」から細かな利用制限をかけることができる

購入から2年間は、製品が破損/故障した際にAmazonに送り返すこと無償で取り替える限定保証が付属。さらに、学習書/児童書などが読み放題の子ども向けサブスクリプションサービス「Amazon FreeTime Unlimited」が1年間無料で利用できる(通常、プライム会員は月480円/年5,760円、一般会員は月980円/年11,760円)。

子どもプロフィールを終了すれば、普通のFire HD 10としても利用可能

関連記事