ソフトウェアアップデートで順次対応

Amazonのタブレット「Fire HD 8」がAlexaに対応。ハンズフリーでの音声操作も可能に

編集部:川田菜月
2019年08月19日
Amazonは、同社タブレットの8インチモデル「Fire HD 8」の現行モデルについて、音声サービス「Alexa」の利用が可能になると発表した。

「Fire HD 8」現行モデルがAlexa対応開始

Alexaの利用が可能となるモデルは、2018年9月発売のFire HD 8 第8世代モデルのみ。Wi-Fi経由でのソフトウェアアップデートにより順次利用可能になるとのこと。これにより、既にAlexaに対応する「Fire HD 10」「Fire 7」と合わせて、販売中のFire タブレット全ラインナップで、Alexaの利用が可能となる。

Fire HD 8 第8世代モデルがAlexa対応したことで、販売中のFire タブレット全ラインナップでAlexaが使えるように

Alexaの利用には、Fire HD 10/Fire 7と同様、ハンズフリーモードがオフの場合は、Fire HD 8でもタブレットの下部にあるホームボタンを押して、また画面上部の設定画面をスワイプしてハンズフリーモードをオンにすれば、ホームボタンを押さなくてもそのまま話しかけるだけで、音楽再生やビデオ通話、タイマーセット、レシピ検索、また家電の音声コントロールなどを含めたスマートホームの操作も行えるようになる。

また「Show Mode」にも対応しおり、設定画面からShow Modeを有効にすることで、スクリーン付きスマートスピーカーのEcho ShowやEcho Show 5のようにして、Fire HD 8を8インチのスクリーン付きスマートスピーカーとして使うこともできるとのこと。動画ニュースやネットワークカメラの確認、音楽再生時に歌詞を確認することなども可能となる。

関連リンク

関連記事